プレゼント

ベルトのプレゼントが嬉しくない理由は?サイズやブランドの選び方と年代別のオススメ!

スポンサーリンク

大切な人へのプレゼントとして、ベルトをチョイスする人も多いはず。

ですが、ベルトのプレゼントは嬉しくないと思っている人もいるようです。

 

その理由としては、好みやサイズ感の問題が大きいようでした。

せっかく贈ったのに好みと違うからといって、あまり使ってもらえないと悲しいですよね。

 

ですが、仕事でベルトを使っている人などには是非使ってもらいたいと思いますよね。

そこで、プレゼントとして嬉しくないと言われている理由や、年代別のオススメのベルトなどをまとめました。

プレゼントとしてベルトを贈ろうか迷っている人は、参考にしてみてくださいね。

 

スポンサーリンク

ベルトのプレゼントが嬉しくない理由は?

ベルトはおしゃれなものやブランドものまで、幅広く販売されています。

気軽に手に取りやすい商品だと言えるので、プレゼントにも最適。

 

ですが、ベルトのプレゼントは嬉しくないと言われることがあるんです。

日常用にカジュアルに…、ビジネス用としてしっかりしたものを…、などデザインなどによって様々な使い方があるベルトですが、なぜプレゼントしても嬉しくないと思われるのでしょうか?

 

嬉しくない理由としては、下記のような理由があげられます。

  • 好みではない
  • 普段ベルトを使わない
  • サイズが合わない
  • ベルトにこだわりがない
  • こだわりのベルトが決まっている

 

まず、ベルトを使わない人には嬉しくないプレゼントと言えますね。

サイズが合わないことや、サイズを合わせないといけないのが面倒という声もありました。

 

あとは、大きな理由として好みの理由があげられています。

 

単純に貰ったベルトが好みでないと、嬉しくないのはわかりますよね。

あとは、ベルトに対してこだわりがあるから嬉しくない、逆にこだわりがなさすぎて嬉しくない、という理由です。

 

自分の決めたものや、使いやすい物、お気に入りのブランドなどで決まっている人もいるようですね。

 

ベルトをプレゼントする際には、普段ベルトをつけるのか、つけているならブランドや形などこだわりがあるのかどうかなど、リサーチできていると喜ばれるプレゼントになるかもしれません。

 

スポンサーリンク

ベルトのプレゼントには意味がある?

ベルトのプレゼントには、意味があると言われています。

  • 末永く仲良く
  • 束縛
  • 結びつきたい
  • 気を引き締める

結構いろいろな意味があるんですね。

 

末永く仲良く、等は可愛らしいですが、束縛などは少し怖く感じますものね。

 

気を引き締めるという意味もあるので、厄年などに送られたりすることもあるそうです。

気を引き締めるという意味から、年上や目上の方へのプレゼントにベルトを選ぶ際には注意してください。

 

ベルトのプレゼントに意味があるのは、私は知りませんでした!

きっと知らない人もいるかもしれませんが、知っている人は気にする人もいるかもしれないので気を付けた方がいいかもしれません。

 

カップルなどで送り合う場合には「仲良くいたいって意味があるんだって~」なんて言いながら、会話のひとつにするのもいいですね。

 

ちなみに、男性から女性、女性から男性でも意味は変わらないようです。

 

スポンサーリンク

ベルトのプレゼントのサイズやブランドの選び方

ベルトにはサイズがあり、人へプレゼントする際にはサイズに注意が必要です。

 

  • 32インチ 対応範囲79cm~86cm
  • 34インチ 対応範囲84cm~94cm
  • 36インチ 対応範囲89cm~99cm

注意したいのは、日本表記の物なので海外のものはサイズが違う可能性があることです。

ちなみにフリーサイズ表記の物は75~85cm程度の物が多いようです。

サイズ変更ができるものもあるようですが、その交換が面倒だと思う人もいるので注意したいですね。

 

ブランドも迷ってしまいますよね。

ブランド物からノーブランドまで、あちこちで手に入るベルドなため、一概にコレがおすすめ!というブランドやメーカーを選ぶのは至難の業です。

 

ブランドを選ぶのもいいですが、プレゼントするなら素材にこだわってみるのもオススメです。

  • 牛革
  • コードバン
  • オーストリッチ
  • ワニ革
  • ヘビ革

それぞれに、素材の魅力がありカジュアルやビジネスにもオススメです。

 

そして何より、合皮よりも傷みにくく長持ちします。

革のベルトは使い方によっては、半永久的に使用できるともいわれています。

せっかく贈ったものだから、長く愛用してもらいたいですよね。

 

ついつい見落としがちですが、ベルトの幅にも注意が必要です。

3センチ以下はビジネス用、4センチ以上はカジュアル用とされている場合が多いです。

なので、どちらにも使えるように…等の場合は3~4センチ程度の物を選ぶと、使用する場所を選ばず使えますよ。

 

スポンサーリンク

ベルトのプレゼントの年代別オススメを紹介!彼氏に渡すなら?

普段使いからビジネスなど、様々な使い道があるベルト。

ずっと身に着けてもらうものですし、彼氏や大事な人へのプレゼントに、ベルトは最適です。

ですが、年代によっても使う素材や、デザインなど変わってきます。

年代別のオススメを紹介していきますね。

 

20代の彼氏へのプレゼント

20代といえば、まだ学生であったり、就職したばかりだったり、社内でも後輩ができたり…と、環境変化の激しい年齢ですよね。

なので、プライベートやビジネス、使用場所を選ばず使えるものがオススメです!

 

オロビアンコ

高すぎない値段的にも、20代の人たちにオススメです。

カラーバリエーションが豊富で、スーツやデニムに合わせたものを選びやすいです。

 

ポールスミス

ポールスミスのベルト、ビジネスにも使用できてオススメです。

ビジネスに使用しても問題ないくらいの、ワンポイントがオシャレでオススメですね。

 

30代の彼氏へのプレゼント

30代は、仕事での活躍も増えてくる働き盛りといえますよね。

仕事でスーツを着用するなら、是非ビジネスで使えるものがオススメ。

30代になると少しスタイリッシュで、シンプルなデザインがオススメですよ。

 

ホワイトハウスコックス

ホワイトハウスコックスのベルトは、キッチリしすぎていないデザインがポイント。

若さや落ち着き、どちらも兼ね備えている30代にぴったりのベルトです。

革は、耐久性の強い物を使っているので長持ちするのもポイントです。

 

カルバンクライン

カルバンクラインは、アメリカのブランドでスッキリとしたシルエットが特徴の世界的に人気なブランドです。

スタイリッシュなデザインが、ビジネスなどでの活躍が増える働き盛りの30代にオススメですね。

 

40代の彼氏へのプレゼント

40代にもなれば、社内では役職の人や先輩役として活躍する機会が増えますよね。

年齢的にも落ち着きなどが出てくる年代になりますので、ビジネスの中でも少しデザイン性のあるものを選んであげるのも、オススメです!

 

ダンヒル

ダンヒルのベルトは、ダンディーな男性としての魅力を引き出すシンプルなベルトです。

ビジネス界では世界中で人気の高いダンヒル、落ち着きの出てきた40代にはぴったりのプレゼントといえそうです。

 

アンボワーズ

こちらはカジュアルむけのアンボワーズのベルト、カラーバリエーションやデザイン性が高いものが揃っているのがポイントです。

シンプルかつオシャレなデザインのビジネス用も作られているため、彼に合わせたプレゼントを選べます。

 

まとめ

大切な人へのプレゼントとして、ベルトを選んで喜んでもらえるといいですよね。

 

ですが、プレゼントとしてのベルトはあまり嬉しくないという意見もありました。

それは好みとしての問題も大きかったため、贈る相手の好みを事前リサーチできていると喜んでもらえるプレゼントになるかもしれません。

 

年齢や使用する場面によって様々なデザインが揃えられているベルトなので、贈る人の仕事や年齢に合わせてあげるときっと素敵な贈り物になりますね。

ベルトはずっと身に着けているものなので、気に入ってもらえるものが見つかるといいですね。