生活

カビキラーの捨て方!中身の流し方や容器のごみ捨てまで紹介!

カビキラーといえば漂白効果や消毒効果が高いのが特徴ですよね。

高い効果を持つカビキラーの捨て方はどうしたらよいのか迷っていませんか?

 

そんなに難しく考える必要はないですよ。

中身を薄めて排水口へ流すことが可能です!

容器のゴミ捨てはお住まいの自治体のゴミ分別のルールに従ってください。

 

水回りの掃除に大活躍のカビキラーですが、普段から掃除をしていたらカビキラーの出番は少ないですよね。

開封してから時間が経ったカビキラーを使うのはなんだか気が引けるという方も多いようです。

 

そんな時に気になるのがカビキラーの捨て方。

今回は、カビキラーの捨て方、中身の流し方や容器のゴミ捨てなどについてご紹介します。

 

カビキラーの捨て方!中身の残りの流し方は?

残ったカビキラーの中身の捨て方は以下の2つがあります。

  • 可燃ごみとしてだす
  • 希釈して排水口へ流す

 

そもそもカビキラーとは、塩素系漂白剤の一種です。

主成分は次亜塩素酸ナトリウムという科学物質で、あらゆる菌に効果があります。

また、漂白効果が高いですよね。

 

効果が高いカビキラーですが、開封し時間が経ったからと言って危険な化学変化はしません。

保管状況にもよりますが、半年で効果が60%程減少するだけです。

効果が減少するとはいえ素手で触るのは危険ですので、中身を流す際は手袋をしてくださいね。

また換気を忘れずに行ってください。

 

可燃ごみとしてだす

カビキラーを紙類や布に染み込ませて可燃ごみとして捨てることができます

液体をそのまま可燃ごみにだすと、有毒ガスが発生したり飛散事故につながったりする危険性があります。

 

【用紙するもの】

  • マスク
  • 手袋
  • 捨てる予定の古新聞などの紙類や布
  • ビニール袋

【捨て方】

  1. マスク、手袋を装着し、カビキラーの蓋を開けておきます。
    こぼさないように気を付けてくださいね。
  2. ビニール袋に紙や新聞などを敷き詰めましょう。
  3. 少しずつカビキラーを吸収させながら入れましょう。
  4. 入れ終わったらしっかりと口を締め可燃ごみだします。

 

希釈して排水口へ流す

普段の掃除でカビキラーを使用した場合、洗い流しますよね。

ですので、排水口へ流し捨てることができます

ただし、ボトルに記載されている希釈以上に薄めて流してください。

原液のまま流すと排水管を痛める危険がありますのでご注意ください。

 

【用意するもの】

  • マスク
  • 手袋
  • バケツ

【捨て方】

  1. マスク、手袋を装着します。
  2. バケツに水とカビキラーを入れます。
  3. ゆっくりと排水口へ流しましょう。
  4. 流し終わったら水でよくすすぎ完了です。

 

2つの方法を紹介しましたが、紙や布に染み込ませる作業は薄める作業よりも危険が伴います。

そのため希釈して排水口へ流すことをお勧めします。

 

スポンサーリンク

カビキラーの捨て方!容器のゴミ出し方法は?

カビキラーの中身の捨て方がわかったら今度は容器のゴミの出し方が気になりますよね。

容器には、「プラ」と書かれていると思いますので、プラスチック容器や不燃ごみとしてだすことができます。

カビキラーの容器をよくすすぎ乾かしてからゴミに出してくださいね。

容器のゴミの分別はお住まいの自治体のルールに従ってださい。

 

スポンサーリンク

カビキラーをそのまま捨てるのはNG?気を付けるポイントは?

カビキラーは上記にもある通りそのまま捨てるのは危険です。

ぜひ以下の3つのポイントを抑えて捨ててくださいね。

  • 酸性のものと混ぜない
  • 生ごみと一緒に捨てない
  • 原液のまま排水口へ流さない

 

酸性のものと混ぜない

塩素系漂白剤は酸性の洗剤や溶剤などと混ざると有毒ガスを発生します。

容器にも「混ぜるな危険」と書かれているように大変危険ですので気を付けましょう。

 

酸性の洗剤は、サンポールや、水回り用ティンクル、など水回りの掃除に使用するものが多いです。

カビキラーとこれらの酸性洗剤を同時に排水口へ流したり、同じゴミ袋で破棄することは避けたほうが良いでしょう。

 

生ごみと一緒に捨てない

カビキラーを可燃ごみとして捨てる処理をした際は生ごみと分けたほうが安全です。

生ごみにもお酢やレモンなど酸性のものが含まれている可能性が十分にありますのでカビキラーと一緒に捨てることは避けましょう。

酸が付着するだけでも有毒ガスが発生する可能性がありますので別の袋に捨てるなどしてください。

 

原液のまま排水口へ流さない

上記にもあるようにそのまま排水口へ流すのは危険です。

 

排水管を傷つけてしまう可能性があります。

塩素が金属類と反応し、錆を生じることがあるのです。

そのためカビキラーを流して捨てる際は必ず薄めてください。

 

残量が多くバケツでは大変という場合は、入浴後浴槽に残ったお湯に入れると良いですよ。

あまりに残量が多ければ数日に分けるなど工夫してくださいね。

流し終わったら普段カビキラーを使用するのと同じくよく洗い流してください。

 

スポンサーリンク

まとめ

水回りの掃除に大活躍のカビキラー。

効果が高いがゆえに、取り扱いも気をつけなければいけません。

 

中身の捨て方は、

  • 可燃ごみとしてだす
  • 希釈して排水口へ流す

 

気を付けるポイントは、

  • 酸性のものと混ぜない
  • 生ごみと一緒に捨てない
  • 原液のまま排水口へ流さない

でした。

使いきるのが理想ではありますが、処分する際はポイントを抑えて安全に破棄してくださいね。