体のこと

足角質パックで失敗した人の原因や失敗しないための使い方を解説!その後の口コミは?

スポンサーリンク

足角質パックで失敗している人も多いです。

その原因としては、上手く浸透できていない事です。

また、肌に合わず炎症を起こしてしまう場合もあります。

 

失敗しないためには、どのような使い方が良いのでしょうか?

足角質パックで失敗した人の原因や失敗しないための使い方、その後の口コミも紹介していきます!

 

スポンサーリンク

足角質パックで失敗した人の原因と事例

足角質パックで失敗したとの声も多いです。

どのような事例があるのか、原因も見ていきましょう。

 

【失敗事例と原因】

特に変化なし

⇒上手く浸透できていない

火傷や水ぶくれ

⇒酸による化学火傷

かゆくなる

⇒肌が弱い人などに起こりやすいアレルギー反応

 

特に変化なし

使った後、1週間ほど様子を見ても何も起きなかったという失敗例が多いです。

足角質パックを使用後、2日ほど経つとポロポロと皮膚がめくれて1週間ほど経つとつるつるになります。

ですが、何日たっても特に皮膚がめくれることもなく、何も変わらなかったという人は失敗しています。

 

【原因】

足角質パックの液が上手く浸透できていないことです。

 

火傷や水ぶくれ

乾燥した薄皮がポロポロと取れるのではなく、ただれたように皮膚がめくれているのは失敗です。

また、水ぶくれになるなどしている場合は、非常に危険な状態です。

効果が出ているのではないので、あまりにひどい場合は皮膚科に行くようにしましょう。

 

【原因】

薬剤に使用している酸による化学火傷です。

 

かゆくなる

液につけている間や付けた後などにかゆみが出る人は、アレルギー反応が起こっています。

赤みやかゆみは、アレルギー反応の代表ですよね。

付けている間にかゆみが出たら、すぐに綺麗に洗い流しましょう。

ひどくなる前に対応するのが良いですよ。

 

【原因】

肌が弱い人などはアレルギー反応が起こりやすいです。

 

では、失敗しないためにはどのような使い方をしたら良いのか、注意点も見ていきましょう。

 

スポンサーリンク

足角質パックで失敗しないための使い方や注意点

失敗しないための使い方や注意点を紹介していきます。

【使い方】

使用する前に、パッチテストをしておきましょう。

  1. まずは、お風呂などに入り足をふやかしておくのが良いです。
  2. 足型のビニールを履き、足首まで隙間なく密着させます。
  3. かかとのあたりを中心に、少し揉み込み浸透させます。
  4. 説明書に書いてある通りの時間だけ浸します。
  5. 時間が来たら、綺麗に洗い流します。

使用後、綺麗に剥けたらしっかりと保湿します。

  • 使う前にパッチテストを行う
  • 説明書通りに行う

 

しっかりと効果を出すためにも、ふやかす事、揉み込む事が大切です。

また、浸透させるために説明書より長い時間浸すのはNGです。

ひどい場合は、火傷や水ぶくれになってしまう事もあるので気を付けましょう。

 

次は、足裏角質パックの頻度についても見ていきましょう。

 

スポンサーリンク

足裏角質パックの頻度はどうする?

足裏角質パックの頻度はどのくらいなのか紹介していきます。

 

使用頻度は3ヶ月に1回くらいです。

 

効果が出てくるのにも1週間ほどかかりますが、綺麗な状態を保つ期間も必要です。

また、皮膚の入れ替わりは28日です。

使用後のつるつるの足は敏感な状態にもなっているため、3ヶ月に1回くらいがベストです。

 

頻度が多いと、炎症を起こす原因にもなってしまいます。

何度も使いたくなってしまいますが、様子を見る期間も必要ですね。

少しでも効果を出すためにも、剥け終えたら保湿するなど、工夫も大切ですよ。

 

使ったその後の口コミも見ていきましょう!

 

スポンサーリンク

足裏角質パックを使ったその後の口コミ

足裏角質パックを使ったその後の口コミを紹介していきます。

 

足裏を気にしている人にとっては、綺麗になって自信もつきますね。

値段もさまざまで、種類も豊富なので自分に合ったものを選びましょう。

 

ポロポロと剥がれてくるまで、時間がかかりますね。

また、剥がれている途中は凄い事になっているので、靴下が必需品です。

 

効果には個人差があるようですね。

あまり効果が出ないからと言って、長時間浸す、頻度を多くするなどは炎症を起こす原因にもなるので控えましょう。

 

まとめ

足裏角質パックを使っても特に変化なし、火傷や水ぶくれ、かゆくなるなど失敗事例も多いです。

使用しても変化しない場合の原因としては、上手く浸透できていないことです。

火傷や水ぶくれ、かゆくなるなど、症状がひどい場合はすぐに皮膚科に行きましょう。

 

使い方は、お風呂などに入り足をふやかしてから、足型のビニールを履き、足首まで隙間なく密着させます。

かかとのあたりを中心に少し揉み込み浸透させ、説明書に書いてある通りの時間だけ浸します。

時間が来たら綺麗に洗い流し、数日後に綺麗に剥けたらしっかりと保湿します。

 

アレルギー反応を起こさないためにも使う前にパッチテストを行う、説明書通りに行うなどに注意しましょう。

使用頻度は3ヶ月に1回くらいです。