服・ファッション

ホワイトゴールドは錆びる・変色する?お風呂に入れても良いのか解説!

スポンサーリンク

ホワイトゴールドは錆びにくいです。

錆びたように見えるのは、コーティングが剥がれ、ホワイトゴールドのもともとの色が見えるからです。

劣化すると変色することがあるので、お風呂や温泉は避けましょう!

 

また、人気のホワイトゴールドが販売中止となる事が多いですが、なぜなのでしょうか?

 

この記事ではホワイトゴールドが錆びる・変色するのかどうかや、お風呂に入れて良いのかも紹介していきます!

 

スポンサーリンク

ホワイトゴールドは錆びる?

プラチナやシルバーなど、たくさんの種類がありますが、ホワイトゴールドは錆びるのでしょうか?

なるべく錆びないものを選びたいですよね。

ホワイトゴールドは錆びるのか、見ていきましょう!

 

ホワイトゴールドは錆びにくいです。

ただ、ホワイトゴールドは合金なので、配合の割合によっては、錆びやすいものもあります。

 

ホワイトゴールドはもともと、金とパラジウムを混ぜた合金です。

この状態では、プラチナほど綺麗な輝きはなく黄色っぽいです。

輝きを出すためにロジウムでコーティングし、プラチナのような輝きになっています。

さまざまな金属を使う事で、輝きが出ているのですね。

 

そのため、このコーティングしたロジウムが剥がれると、元の合金がむき出しとなり、錆びたように見えるのです。

コーティングし直せば、元の輝きに戻ります。

元のような輝きに戻るのは安心ですが、擦れやすいアクセサリーに使われている場合は考えた方が良いですよ。

 

コーティングされることで輝いているホワイトゴールドですが、変色するのでしょうか?

お風呂に入れても平気なのかも、見ていきましょう!

 

スポンサーリンク

ホワイトゴールドは変色する?お風呂に入れても平気?

ホワイトゴールドは、指輪やブレスレットなど、さまざまなアクセサリーに使われています。

わざわざ取るのが面倒ですが、お風呂に入れても平気なのでしょうか?

ホワイトゴールドは変色するのか、紹介していきます!

 

ホワイトゴールドは、稀に変色する場合があります。

劣化している場合もあるので、お風呂に入れるのは控えた方が良いです。

 

ホワイトゴールドには、銀が使用されている事が多く、銀は硫黄に弱いです。

温泉の成分や入浴剤の成分に硫黄があると変色します。

せっかく買ったアクセサリーが変色するのは、嫌ですよね。

 

ホワイトゴールドはコーティングされているので、もともとの金属が硫黄の成分に触れる事はありません。

ただ、傷がついているとその隙間から変色する可能性が出てきます。

入浴剤を使っていたり温泉に入ったりする時は、外しておくことをおすすめします。

 

人気のホワイトゴールドですが、結婚指輪は避けた方が良いとの噂が出ています。

結婚指輪を選ぶ時に、ホワイトゴールドは避けた方が良いのか、見ていきましょう!

 

スポンサーリンク

結婚指輪にホワイトゴールドは後悔する?

大事な結婚指輪なので、選ぶときは慎重になりますよね?

結婚指輪に、ホワイトゴールドを選ぶと後悔するのでしょうか?

 

結婚指輪にホワイトゴールドを選び、後悔した人が多いです。

原因としては

  • メンテナンスが必要になる事
  • 金属アレルギーを引き起こすことが多い

 

メンテナンスが必要になる事

ホワイトゴールドのコーティングが剥がれ、メンテナンスが必要になる事に後悔している人が多いです。

結婚指輪となると、肌身離さず付けていますよね。

そのため、傷がついて変色したり、劣化する事が多いです。

 

そうなるとメンテナンスが必要ですよね。

この手間を考えると、ホワイトゴールドは避けた方が良かったと、後悔している人が多いです。

アクセサリーには良いと思いますが、結婚指輪には選ばない方が良いですよ。

 

金属アレルギーを引き起こすことが多い

ホワイトゴールドはさまざまな金属を使用している合金です。

そのため、金属アレルギーを引き起こすことが多いです。

せっかく買ったのに、アレルギーで付けられなくなったら嫌ですよね。

常に付けている結婚指輪に選ぶのは、避けた方が良いかもしれません。

 

プラチナよりお手頃で、肌馴染みも良く人気のホワイトゴールドですが、販売中止になる事が多いです。

人気なのに、なぜなのでしょうか?

 

スポンサーリンク

ホワイトゴールドが販売中止になる理由について

プラチナは買えないが、ホワイトゴールドなら手が届くという方も多いのではないでしょうか?

人気のホワイトゴールドですが、販売中止になることが多いんです。

一体なぜなのでしょうか、理由を見ていきましょう!

 

理由としては

  • 金が高騰
  • 手間がかかる
  • 加工が難しい

 

金が高騰

ホワイトゴールドは、金に銀などを混ぜた合金です。

もともとプラチナより安価で購入出来る事から、ホワイトゴールドが人気となっていました。

しかし、資産として金を購入する人が増え、金の価格が高騰してしまいます。

 

プラチナより金の方が産出量は多いですが、需要が高まることで金の値段が上がってしまいます。

そのため、獲れる量が少ないプラチナより、値段が高くなってしまいます。

ホワイトゴールドには金が必要なので、金の高騰で製造を中止せざる負えなくなってしまったという事です。

安いからホワイトゴールドを選んでいたという人にとっては、残念ですよね。

 

手間がかかる

ホワイトゴールドは、もともとの合金をコーティングすることで、輝いて見えます。

ただ、たくさん作るとなると、コーティング作業は手間ですよね。

また、コーティングが剥がれる事で、再びコーティングをしなくてはいけなくなるのです。

輝いて見えるようにした加工なのに、それが手間になってしまうのは悲しいですね。

 

加工が難しい

ホワイトゴールドは、プラチナよりも加工が難しいのです。

金と他の金属を混ぜる事で加工しやすくしているのですが、中に空洞ができやすく、至難の業が必要です。

ホワイトゴールドのアクセサリーは、職人の技が光っているのですね。

 

また、上手に出来ていないと返品されてしまい、また加工し直すので仕事が増えてしまうのです。

割に合わないことから、ホワイトゴールドを使用する工房が減っています。

時間をかけて作ったのに、上手くできず、返品されてまた加工し直すのは、大変ですね。

 

まとめ

プラチナよりも安価で、肌馴染みが良いことから、ホワイトゴールドが人気となっています。

ホワイトゴールドは、金とパラジウムを混ぜた合金で、錆びにくいです。

ただ、合金なので配合の割合によっては、錆びやすいものもあります。

 

ホワイトゴールドは、傷がつくなど劣化していると、劣化部分から変色する場合があります。

硫黄成分に弱いので、温泉やお風呂に入れるのは控えた方が良いです。

 

コーティングが剥がれメンテナンスが必要になる事、金属アレルギーを引き起こすことが多いことから後悔する人が多いです。

販売中止になることが多い理由としては、金が高騰、手間がかかる、加工が難しい事があげられます。