体のこと

ベビーオイルで毛穴がとれない!お風呂でケアするのかやり方を解説!

スポンサーリンク

ベビーオイルで毛穴がとれない原因は、毛穴がしまっている事、角栓が固まっている事です。

ただ、綺麗にしようとゴシゴシと乱暴にしては、毛穴を悪化させてしまいます。

 

効果を最大限に発揮出来るのは、お風呂の時など体が温まった状態です。

ベビーオイルで毛穴がとれない原因や正しいやり方を紹介していきます!

 

スポンサーリンク

ベビーオイルで毛穴がとれない!対処法はある?

ベビーオイルと綿棒だけで、毛穴が綺麗になるとの噂が出ていますが、上手く出来ないとの声も多いです。

なぜなのでしょうか?

何か対処法はあるのか、見ていきましょう!

 

毛穴が綺麗にならない原因は

  • 毛穴がしまっている
  • 角栓が固まっている

 

毛穴がしまっている

いくらベビーオイルを使って綺麗にしても、毛穴が開いていなければ、オイルが行き届きません。

逆に、そんな状態でごしごしと掃除していたら、肌を痛めてしまいます。

綺麗にしようとしていたことが、ダメだったとは悲しいですよね。

 

毛穴がしまっているという事は、蓋が閉じているのと同じです。

蓋を開かなくては、中のものは見えませんよね?

まずは、蓋となる毛穴を開かなくてはいけません。

確かに毛穴が開いていなければ、綺麗になりませんよね。

 

【対処法】

温かいタオルをのせたり、洗顔するなど体を温めることです。

その毛穴が開いた状態で、ベビーオイルを使いましょう。

こうすることで、効果的にベビーオイルを使うことが出来ます。

 

角栓が固まっている

角栓が固まってしまっていると、なかなか綺麗に取ることは出来ません。

まずは、柔らかくして取りやすくする必要があります。

カチカチになっていたら、まずは柔らかくしないといけないですよね。

 

ベビーオイルを使って少しは取れますが、固くなっていては取りにくくなります。

日ごろからケアしておけば、角栓は固くなりません。

角栓を固くしないためにも、日ごろからケアしておくのが良いですよ。

 

【対処法】

角栓を柔らかくするためにも、温かいタオルなどをかけて少し置いておきましょう。

そうすることで、毛穴も開き、角栓もほぐすことが出来ます。

また、化粧水や乳液など肌を保湿することでも、角栓を柔らかくすることが出来ます。

肌を保湿してから、少し多めのベビーオイルを使うのが良いです。

 

効果を最大限に発揮出来るのは、お風呂の時なのでしょうか?

 

スポンサーリンク

ベビーオイルでの毛穴ケアはお風呂の時が効果的?

毛穴ケアをする時は、お風呂が効果的なのでしょうか?

見ていきましょう!

 

最大限に発揮出来るのは、お風呂の時など体が温まった状態です。

 

効果を最大限に発揮するには、毛穴を開いたり、固まった角栓を柔らかくする必要があります。

肌を温めるのが効果的で、お風呂の時が1番良いです。

また、洗顔など肌を清潔にする場ということもあり、効果的に使うことが出来ます。

 

体がポカポカしていると、毛穴が開いているように感じませんか?

せっかく毛穴を綺麗にするのだから、効果的に使いましょう!

これで効果的に綺麗な肌を手に入れられますよ。

 

綺麗にしているはずなのに、肌を痛めていることがあります。

真相を見ていきましょう!

 

スポンサーリンク

ベビーオイル洗顔で毛穴が悪化する?

毛穴を悪化させる可能性が、ベビーオイル洗顔にはあります。

どうして悪化させるのか、見ていきましょう!

 

綺麗にしようと綿棒でゴシゴシしては、毛穴を悪化させてしまいます。

悪化させないポイントは

  • たっぷりのベビーオイル
  • 綿棒は優しく

 

たっぷりのベビーオイル

重要なのは、肌を傷つけない事です。

せっかくベビーオイル洗顔で綺麗にしようとしているのに、肌を痛めてしまっては意味がありません。

綿棒にはたっぷりのベビーオイルを染み込ませましょう。

そうすることで、摩擦を減らすことができ、肌への負担も減らすことが出来ます。

 

綿棒は優しく

綿棒を肌にあてる時は優しくしましょう。

汚れを落とすにはゴシゴシしなくてはいけないと、感じている人も多いのではないでしょうか。

その行動が肌を痛めてしまい、逆に汚れる原因にしてしまっているのです。

良いと思ってしていた事が、逆にいけない事だったというのはショックですね。

 

スポンサーリンク

ベビーオイルでの毛穴ケアのやり方を紹介!

やり方が間違っていると、逆に肌を傷つけてしまう危険があります。

毛穴ケアのやり方を紹介していきます!

 

やり方

  1. 毛穴を開く、角栓を柔らかく
  2. たっぷりのベビーオイルを染み込ませ綿棒で優しくクルクル
  3. 化粧水や乳液で毛穴のケア

 

毛穴を開く、角栓を柔らかく

効果的にベビーオイルを使うためにも、毛穴を開いたり角栓を柔らかくしておきましょう。

温かいタオルをかける、お風呂の時にケアするのが良いです。

忙しい中ケアをするので、効果的に使いたいですよね。

 

綿棒で優しくクルクル

綿棒にはたっぷりのベビーオイルを染み込ませましょう。

そして、優しくクルクルと円を書くように、取り除いていきます。

ゴシゴシとしてしまっては、肌を汚してしまう原因を作ってしまいます。

重要なのは、肌を優しく扱う事です。

 

毛穴のケア

化粧水や乳液で、最後に毛穴のケアをしておきましょう。

ベビーオイル洗顔だけでは、ただ綺麗にしただけです。

その後のケアで、より肌を綺麗に保つことが出来ます。

 

毛穴を整える事で、肌を綺麗にすることが出来ます。

洗顔だけでは毛穴が開いた状態です。

保湿することで、毛穴を綺麗な状態で閉じ込めることが出来るのです。

洗顔だけでなく、その後のケアが重要ですよ。

 

まとめ

毛穴が綺麗にならない原因は、毛穴がしまっている事、角栓が固まっている事です。

ベビーオイルの効果を最大限に発揮出来るのは、お風呂の時など体が温まった状態です。

毛穴がとれない場合は、温かいタオルやお風呂の時など、温めてからケアしましょう。

 

綺麗にしようと綿棒でゴシゴシと乱暴にしては、毛穴を悪化させてしまいます。

たっぷりのベビーオイルを染み込ませ優しくする事で、肌への負担を減らすことが出来ます。

 

効果的にやるにはまず、毛穴を開く、角栓を柔らかくしておきます。

次に、綿棒のベビーオイルはたっぷりで、肌を傷つけないよう優しくクルクルと綺麗にします。

最後に、化粧水や乳液で毛穴のケアをして、肌を綺麗に保ちましょう。