雑学

住所を縦書きや漢数字で書くのに10・11・0の書き方は?数字二桁や英語の書き方も解説!

スポンサーリンク

住所を縦書きする機会は、年賀状や封筒などたくさんありますよね。

そこで迷うのは、10・11・0など漢数字の書き方ではありませんか?

 

「一○、一一、○」と、「十、十一、ゼロは書かず読みの通りに書く」方法があります。

どちらでも大丈夫ですが、重要なのは見やすさです。

 

住所の縦書き、10などの漢数字二桁や英語の書き方も紹介していきます!

 

スポンサーリンク

住所を縦書きや漢数字で書くのに10・11・0の書き方は?

年賀状の時に絶対、数字の書き方を迷いますよね。

特に10・11・0の書き方は、どのように書いたら良いのでしょうか?

 

住所を縦書きや漢数字で書くのに大切なのは、読みやすさです。

11を縦書きで一一と書くと、2と間違いやすく見にくいです。

そのため今は、十、十一と読みの通りに書く人が多いです。

 

「一○、一一、○」と、「十、十一、ゼロは書かず読みの通りの状態」だと、どちらが見やすいですか?

縦書きで1、2、3が続くと、見にくいですよね。

配達の人はたくさんの郵便物を配達しています。

そのため、見にくいと間違えてしまう可能性も高くなります。

 

もし自分が配達の仕事をしていた場合、忙しいのに見にくいと嫌ですよね。

また、違う住所に届いてしまうのも問題です。

そうした間違いを防ぐためにも、見づらい表記は控えましょう。

一度書いて見て、見にくかったら書き直すのが良いですよ。

 

では、郵便番号の場合はどうでしょうか?

 

スポンサーリンク

住所を縦書きで書くときの郵便番号の書き方は?

住所の番地とは違い、郵便番号は数字の並びが多いですよね。

郵便番号の場合は、どのように書いたら良いのでしょうか?

書き方を紹介していきます!

 

郵便番号を縦書きで書く場合、零or○、一、二など、漢数字を使います。

 

郵便番号は、それぞれの数字が並んでいる状態です。

そのため、十の位や百の位はありません。

数字をそのまま漢数字で表記していきます。

数字をそのまま書いていけば良いので、わかりやすいですよね。

 

住所の番地を書く場合、11は一一と表記すると見にくい事から、十一と表記します。

しかし郵便番号の場合、同じように表記するとなると、百の位や千の位が出てきてしまいます。

そのほうが見にくいですよね。

また、郵便番号は数字の並びなので、百の位や千の位はありません。

 

封筒で数字二桁を書く場合は、どうしたら良いのでしょうか?

 

スポンサーリンク

封筒を縦書きで数字二桁はどう書く?

封筒の数字二桁はどう書いたら良いのでしょうか?

紹介していきます!

 

数字二桁を縦書きする場合は、特に決まりが無いので、読みやすさを重視します。

 

例えば11を書く場合、一一や十一など、どちらの表記でも間違いではありません。

ただ、縦書きで一、二、三が続くと、見にくいですよね。

間違いを防ぐためにも、見やすい書き方を心がけましょう。

 

1丁目22番地の場合、一丁目二十二番地と、一丁目二二番地とどちらが見やすいですか?

二二番地と縦書きすると、一三や三一にも見えますよね。

こうした間違いを防ぐためにも、一、二、三が続く時は、読みの通りに表記するのが良いです。

また、二桁の数字が続く場合、表記の仕方は統一しましょう。

 

会社名など、英語表記はどう書いたら良いのでしょうか?

 

スポンサーリンク

住所の縦書きで英語表記はどう書く?

数字の表記を見てきましたが、英語表記はどう書いたら良いのでしょうか?

会社名などで、使うことも多いですよね。

縦書きの英語表記を見ていきましょう!

 

縦書きで英語表記する場合、アルファベットの配列の場合はそのまま縦書きです。

ただ、単語になっている場合は、英語の部分だけ横書きします。

 

CRK、BSOなど、アルファベット表記の場合は、そのまま縦書きします。

ただこれが、dreamやhappyなど単語になっている場合は、英語の部分だけ横書きします。

横か縦書きかの問題で、表記自体はそのままなので、わかりやすいですね。

 

株式会社が付いている場合は、株式会社の部分は縦書きです。

単語とアルファベットが混合している場合は、英語の部分を全て横書きするのが良いです。

アルファベット3文字の会社名の所は多いですよね。

 

まとめ

住所を縦書きや漢数字で書くのに大切なのは、読みやすさです。

「一○、一一、○」と、「十、十一、ゼロは書かず読みの通りの表記」どちらでも間違いではありません。

11を縦書きで一一と書くと、2と間違いやすく見にくいので、十一と読みの通りに書く人が多いです。

ただ、二桁の数字が続く場合、表記の仕方は統一しましょう。

 

郵便番号を縦書きで書く場合、零or○、一、二など、漢数字を使います。

郵便番号は、それぞれの数字が並んでいる状態で、十の位や百の位はありません。

 

縦書きで英語表記する場合、CRK、BSOなどアルファベット表記は、そのまま縦書きします。

ただこれが、dreamやhappyなど単語になっている場合は、英語の部分だけ横書きします。