生活

アルミホイルをフライパンで使うと溶ける?敷いても大丈夫なのか解説!

スポンサーリンク

アルミホイルをフライパンに使用する際、溶けてしまわないか心配になりますよね。

 

ですが、アルミホイルは基本的な料理の際には溶けることはないので安心して使用することができます。

アルミホイルの耐熱温度は、600℃ほどと高いためフライパンで使用するくらいなら溶ける事はありません。

 

ですが、万が一溶けてしまったりしたら…、食べるものなので、体への害が心配です。

フライパンでアルミホイルを使用する際の注意点などを、細かくまとめてみましたので、料理をする際の参考にしてみてくださいね。

 

スポンサーリンク

アルミホイルをフライパンで使うと溶ける?大丈夫?

お料理をする際、フライパンに敷いたり、煮物の為に落し蓋をしたりするのに、アルミホイルを使用する事があります。

アルミホイルが溶けてしまわないか心配になりますが、普通に料理をしている分にはまず溶けることはありません。

 

アルミホイルは、アルミニウムからできており、アルミニウムの耐熱温度は660℃ほどと言われています。

フライパンを空焼きしたりして、高温になったとしても最高200℃程度です。

なので、普通のお料理に使用する分には大丈夫といえます。

 

ですが、注意したいのはアルミホイルは塩分や酸に弱いことです。

『梅干しでアルミホイルに穴が開く』と、聞いたことはありませんか?

それは塩分や酸によって、アルミホイルが溶けることによって穴が開いてしまうのですね。

 

お料理する際には醤油などを使ったりしますよね。

その中にも塩分は含まれているので、長時間の使用などは避けた方がいいでしょう。

 

もしくは、使用し終わったらすぐに外しておくと安心ですね。

 

スポンサーリンク

アルミホイルが溶けたら体に害はある?

基本的にフライパンで使用する位では、アルミホイルが溶けることはありません。

ですが、フライパンを使用している時に溶けたアルミホイルを万が一食べてしまった場合でも、ほぼ100%体から排出されるので心配いりません。

 

アルミニウムは、私たちの生活の中のあちこちに存在しているんです。

野菜や海産類などの食品や、飲料、空気中にもアルミニウムは少量ですが含まれています。

知らない間に日常的に摂取しているんですね。

 

それらも腎臓内で回収され、排出されるようになっています。

なので、アルミホイルが溶けることがあっても少量であれば問題ないと言えます。

 

それでも、あまり摂取量が大量にならないように注意は必要です。

長時間使用すると、塩分や酸から溶け出しやすくなり摂取量が多くなってしまう可能性があります。

できるだけ短時間の使用にしたり、使用後はできるだけフライパン内や料理の上に放置せず早く取り除くなど、ちょっとしたことを気を付けていれば問題なさそうですね。

 

スポンサーリンク

アルミホイルをフライパンで使うとくっつく?

フライパンにアルミホイルを敷いても、フライパンにくっつくことはありません。

逆に、食材がフライパンにくっつく事がないよう、アルミホイルを敷いたりします。

 

フライパンにはくっつく事がないので、油なしでアルミホイルを使用しても問題ありませんよ。

 

ですが、食材によっては食材がアルミホイルにくっつく可能性はあります。

そういう時は、フライパン用のアルミホイルを使うのがオススメです。

 

フライパン用のアルミホイルはお料理する為に作られている為、くっつかないように樹脂加工がされてあります。

そのため、焼き魚などそのままアルミホイルの上にのせてもくっつく事なくきれいに焼くことができます。

 

フライパン用のアルミホイルを使うことによって、フライパンにはアルミホイルも食材もくっつくことがなくなるため、洗い物もラクチンになりますね!

もしくは、普通のアルミホイルでもくしゃくしゃにして使用することでくっつきにくくなるため、フライパン用アルミホイルがない時には是非試してみてください。

 

スポンサーリンク

アルミホイルをフライパンで使う時の裏表はある?

基本的にアルミホイルには裏表は存在しません。

その為、フライパンで使用するときにも裏表を気にする必要はないでしょう。

 

光沢ができるのは、表裏ではなく製造工程にあります。

作る過程で光沢ができてしまうだけなので、表裏ではないのですね。

私はなんとなく光沢のある方が表な気がしていました。

 

表裏は存在しませんが、ほんの少し光沢面の方が食材にくっつきにくい性質があります。

気にする方は、光沢面を上にして食材をのせて焼いてみてくださいね。

 

表裏がないのは、普通のアルミホイルに限ってです。

フライパン用に樹脂加工されているものは、表裏が存在します

樹脂加工されているものは、こちらが表と丁寧に書いてくれているためわかりやすいので間違える事はないと思いますよ!

 

まとめ

アルミホイルは料理をする際に、欠かせない物ですよね。

おにぎりにしたり、焼き物や煮物に使用したりと、幅広く使用することができます。

 

料理をする際にアルミホイルが溶けてしまうか、心配になってしまいますが、アルミホイルの耐熱温度は高いため基本的には気にしなくて大丈夫そうです。

溶けてしまったものを食べてしまった場合でも、体には基本的に害はないので安心してくださいね。

 

アルミホイルを使用して、色々な料理を楽しんでくださいね。

おいしい料理が、できあがりますように。