食べ物

キャベツを冷凍するとまずい理由は?変色して腐るのか解凍方法も解説!

最近は様々な冷凍食品が売られていたり、忙しい人の為に食品を冷凍するような声が聞かれたりと、食品の冷凍保存や冷凍食品は身近になりましたよね。

ですが、冷凍するとまずいと感じる野菜や食品も少なからず存在します。

 

そんな野菜の1つがキャベツで、キャベツは冷凍するとまずいと言われることが多いです。

キャベツを冷凍するとまずいと言われる理由は、冷凍することによって繊維が壊れてしまったり、水分が抜けてしまう事が原因なようです。

せっかく保存しようと思い冷凍したのにまずくなってしまったら、ショック以外なにものでもありませんよね。

 

そんなキャベツの冷凍についてまとめてみましたので、参考になれば幸いです。

 

キャベツを冷凍するとまずい理由

キャベツを冷凍すると、まずいと言われることが多いです。

色んな冷凍野菜が売られているのに、どうしてキャベツを冷凍するとまずいと言われるのか?不思議ですよね。

キャベツを冷凍するとまずいと言われる大きな理由が、細胞などが壊れることによって食感が損なわれたり、水分が抜けてしまう事にあります。

 

キャベツは生で食べたり、炒め物にしたりしても、シャキシャキしていてとても美味しいですよね。

そのシャキシャキ感がなくなってしまうという事ですね。

 

冷凍して細胞が壊れたりすることによって柔らかくなったり、味が染みやすくなる野菜もあるのですが、キャベツは不向きなようですね…。

長持ちさせたいと思い冷凍することが多いと思いますが、冷凍保存はあんまりオススメではなさそうです。

 

キャベツを冷凍してしまった時はどうする?使い方について!

キャベツを冷凍したらまずいなんて知らずに、冷凍してしまったら…捨てるしかないのかなと悲しくなります。

ですが、キャベツを冷凍してしまったからといって捨てたりするのはやめて、冷凍してしまっても美味しく食べられるものに変身させましょう!

 

まず、冷凍したキャベツを生で食べる事はオススメしません、非常にまずくておいしくないです。

なので、美味しく食べられる方法をご紹介していきますね。

 

味の濃い物

キャベツを冷凍してしまった場合、食感や風味が損なわれますので、味の濃い物へ調理すると比較的食べやすくなります。

ホイコーローのような、濃い味の物がオススメですね!

 

ですが、味の濃い物に調理しても食感が戻ってくるわけではありませんので、よく炒めたホイコーロー…といったイメージになりそうです。

 

食感を気にしない物

冷凍してしまうと味や食感が損なわれてしまうため、食感を気にしない煮物料理などにしてしまうのもおすすめです。

 

冷凍しているキャベツの大きさにもよりますが、大きなものだったらロールキャベツ。

小さくカットしているものだったらミネストローネや、スープなどがオススメ。

 

煮物で濃い目に味付けできるものを選ぶと、食感も風味も気にすることなく冷凍したキャベツを美味しく食べることができそうですね!

 

キャベツを冷凍すると腐る?茶色く変色したら?

キャベツを冷凍したからといって、腐ることは基本的にはありません。

冷凍庫内は-15度くらいになっているため、食品が腐るという事は基本的にはないと言われています。

微生物などが活動できる温度でもないため、カビがはえたりすることもありません。

 

ですが、キャベツを冷凍すると茶色く変色してしまった!という声を聞くことがあります。

それは腐っているのではなく、キャベツが酸化することが原因。

りんごを切って放っておくと色が変わることがありますよね、これも酸化なので同じような現象だといえます。

 

茶色く変色してしまったからといって、冷凍したキャベツが食べられないわけではありませんので安心して食べてくださいね。

変色している事で、あまり食べる気がしないな…というなら、色や味があまり気にならない調理をしてあげるとよさそうです。

 

冷凍キャベツの解凍方法を解説!

冷凍キャベツを生のまま食べる事はあまりオススメしていませんし、解凍することによってベチャっとしてしまう事が多いです。

そのため、冷凍キャベツは冷凍したまま煮物料理などに使うのが1番オススメ!

炒め物などにも冷凍したまま使用することができます。

 

どうしても解凍したいな、と思う場合はレンジでの解凍や湯通しなどの解凍方法があります。

どんな解凍方法でも水分がどうしても出てきてしまう為、しっかりと水気を切ると調理がしやすくなったり、料理した際に味が薄くなったりすることを防ぐことができますよ。

 

自然解凍は控える

1つ注意したいのが、自然解凍はあまりオススメできないという事です。

自然解凍ができないというわけではありませんが、自然解凍は基本的に菌が繁殖しやすい解凍方法なんです。

 

菌が繫殖しやすいと言われている温度が5度から60度くらいの温度。

室温など20度前後の温度は非常に危険な温度という事がよくわかりますよね。

10分ほどで自然解凍できるわけではありませんので、その温度内に数時間放置しておいて、加熱せずに食べるという事はとても危険です。

 

なので、できるだけ短時間で解凍できるレンジや湯通しなどを使い解凍して、しっかりと加熱して食べる事が1番安心して食べることができる解凍方法と調理法といえますね。

 

まとめ

キャベツを冷凍するとまずいなんて、知らない人もたくさんいますよね。

冷凍してしまってからそんなこと知ってしまったら、ショックですし、そのキャベツどうしよう!となりますよね。

 

冷凍したキャベツは確かにまずいと言われ、食感などが損なわれてしまいます。

その為、食感や風味をあまり気にせず食べられる味の濃いものや、クタクタに煮込んでしまう物がオススメです!

個人的にはポトフやミネストローネが、クタクタキャベツでも美味しくて好きですよ。

 

食品ロスを減らすために、食材を大切にしようと言われていますし、冷凍したから食べられなくなるわけではありませんので、冷凍してしまったとしても美味しく食べてあげてくださいね。