生活

ガラスフィルムの気泡が自然に抜ける理由!端が浮いてしまう時の直し方は?

スポンサーリンク

ガラスフィルムの気泡が自然に抜ける理由は、ガラスに実は目に見えない小さな穴があるからって知ってましたか?

 

ガラスフィルムの貼り方で苦戦してる人、気泡がなかなか取れずにテンション下がってしまっている人いますよね。

しかも何度貼り直しても端が浮いてしまう人など、スマホは毎日かなりの時間使用する物なので、ガラスフィルムの問題は結構切実ですよね

 

今回は、ガラスフィルムの気泡が自然に抜ける理由や、端が浮いてしまう時の直し方などを調査したのでご紹介しますね。

 

スポンサーリンク

ガラスフィルムの気泡が自然に抜ける理由は?

ガラスフィルムの気泡が自然に抜ける理由は、ガラスフィルムに肉眼では目に見えない穴が空いているからです。

 

埃や汚れなどがなければガラスフィルムを貼った際に気泡ができたとしても、その見えない穴から少しずつ空気が出ていき自然と気泡が消えるのです。

 

スポンサーリンク

ガラスフィルムの気泡は数日で抜ける?

ガラスフィルムの気泡は、貼り付ける際に汚れや埃などをしっかりと取り除いていたら、自然と数日で気泡は消えてしまいます

この「汚れや埃をしっかり事前にとっていること」が大事なポイントです。

 

フィルム貼りに苦戦してる人結構いますよね。

汚れや埃をしっかり取り除ければ、1〜2日くらいで気泡が取れますよ。

スポンサーリンク

ガラスフィルムの気泡はドライヤーで対処できる?

ガラスフィルムの気泡はドライヤーで対処できるとネットで紹介されている記事も見かけますが、ドライヤーを使用するのはオススメしません。

 

スマホは精密機械で熱にも弱い作りです。

ガラスフィルムの気泡にドライヤーの熱風を当てて気泡をなくす方法ですが、熱に非常に弱いスマホ本体にダメージが出てしまう可能性があります。

 

スポンサーリンク

ガラスフィルムの端が浮くときの直し方は?

せっかく買ったばかりなのに、ガラスフィルムが綺麗に貼れずに端が浮いた感じになってしまうとガッカリですよね。

真ん中部分はうまく気泡も入らずに済んだのに端だけが浮いてしまう。

ガラスフィルムの端が浮いているのを直す直し方・ガラスフィルムの貼り直し方をご紹介します。

 

ガラスフィルムを剥がす方法

ガラスフィルムの剥がし方には、二つの方法があります。

  • ガラスフィルムの角にセロハンテープを貼り、それを引っ張りゆっくりと剥がしていきます。
  • ガラスフィルムと画面の間に、薄いカードなどを慎重に入れてガラスフィルムを剥がしていきます。

どちらも無理な力をかけるのではなく、優しくガラスフィルムと画面にも傷かつかないように慎重にゆっくりと剥がしていってくださいね。

 

ガラスフィルムを貼り直す前にすること

ガラスフィルムが綺麗に貼れない・気泡が入ってしまう原因の殆どは、汚れや埃が原因です。

ガラスフィルムを貼る前に必ずやることは次の通りです。

  • 手を綺麗に洗うこと。
    指紋や汚れがついてしまうと綺麗にガラスフィルムの端の浮きを直すことも綺麗に貼り直すこともできません。
  • ガラスフィルムと、スマホのガラス面の汚れをふく
    メガネ拭きなど繊維がつきにくい素材のものを選んで優しく拭いてください。
  • ガラスフィルムやスマホのガラス面の埃を取り除く
    セロハンテープを丸めて埃をとりましょう。

 

埃がたちにくい浴室などでガラスフィルムの貼り替えをされる人の声も多かったです。

 

ガラスフィルムの貼り直し方

綺麗になったガラスフィルム、スマホのガラス面の位置を合わせて手を離し、真ん中部分を軽く押すと自然と密着した部分が広がっていきます。

気泡が少し入ってしまっていても、埃や汚れがなければ自然と抜けて綺麗になっていきます。

 

気泡が入らないガラスフィルムの貼り方・やり直したい時に剥がし方の動画がありましたので、参考までにご覧になってみてください。

 

これでも端の部分が浮いた感じになってしまう場合は、スマホのガラス面とガラスフィルムの設置面があっていないことが考えられます。

 

機種によってはガラス面の構造上浮きができやすい?

この浮きはスマホのガラス面の構造が機種によって少し異なることで、ガラスフィルムの端に浮きができてしまうそうです。

 

スマホやタブレットのアクセサリブランドのNIMASC(二マソ)がガラスフィルムの端にできてしまう浮きの原因についてわかりやすく動画で説明してます。

 

iPhone2017年から2020年に作られたiphone5などの機種は、ガラス面が2Dガラスを採用しているので、限りなくフラットな面をしているそうです。

そのため、平に作られているガラスフィルムがこのフラットな面としっかり合わせるので、ガラスフィルムを装着しても浮きができずに綺麗に貼ることができるようです。

 

iPhone SE Ⅱのようにガラス面が2.5Dの場合
  • 様々なメーカーからフィルムが出ているが、以前は市場全体の約15%がフィルムに対しての不具合が生じていた。
  • 角度やカーブの差が大きいガラス基盤が採用されている

iPhone SE Ⅱは、ガラス面が2.5Dというのを採用した結果、それ以前のようにまっ平でなくなったのが、フィルムの端が浮く原因となったようです。

ガラスフィルムは真っ平らなのに対して、スマホのガラス面に見た目にはよくわかりませんよね。

 

ガラスフィルムの端が浮いてしまわないように、機種によっては専用のガラスフィルムを購入するのが一番なのかもしれません。

 

まとめ

ガラスフィルムの気泡が自然に抜ける理由や、端が浮いてしまう時の直し方などをご紹介してきましたが、皆さんはフィルムは自分で貼られてますか?

手先が不器用な私は少々値段は高いですが、スマホの購入時にショップでその場でフィルムを購入して店員さんに貼ってもらっています。

でも動画で紹介されていたように、簡単にガラスフィルムがこんなに綺麗に貼れるのでしたら、次回は自分でやってみようかなと思いました。