雑学

壁寄せテレビスタンドは倒れる?デメリットや配線を隠せるのか解説!

スポンサーリンク

壁寄せテレビスタンドは耐震試験を行っており、安全性も確認されているので倒れる心配はありません。

ただ、重さがとても重くなってしまっているので、それがデメリットにもなっています。

 

また、テレビと言ったら配線がごちゃごちゃになってしまいませんか?

壁寄せテレビスタンドは倒れるのか、デメリットや配線の隠し方も紹介していきます!

 

スポンサーリンク

壁寄せテレビスタンドは倒れる?

スタイリッシュなデザインで、一見不安定に見えますよね。

壁寄せテレビスタンドは倒れるのでしょうか?

多くの人の不安を解消するためにも、真相をチェックしていきましょう!

 

壁寄せテレビスタンドはちゃんと倒れないように作られています。

重さがとても重く、重心が壁側になるよう作られているので、前に倒れる可能性は低いです。

多くのものが耐震試験を行っており、震度7くらいの揺れまでは倒れないようになっています。

また、メーカーの保証付きのものも多いです。

 

一見不安定に感じ、倒れないのか不安になりますよね。

かなりの重さがあり、重心も前に倒れないよう壁側になっているので倒れる事はありません。

また、メーカーの保証付きや耐震試験を行っているものもあるので安心です。

 

他にも転倒防止用にワイヤーが付属されているものなど、安全性が確認されている商品が多いです。

そのため、壁寄せテレビスタンドが倒れる事はないようになっています。

つっぱりタイプという天井に固定するものもあります。

数々の耐震試験を行って、安全性が確認されてから販売しているので安心ですよ。

 

スタイリッシュで人気ですが、デメリットはあるのか見ていきましょう!

 

スポンサーリンク

壁寄せテレビスタンドのデメリットは?

良い事ばかりのように見えますが、デメリットはあるのでしょうか?

デメリットを紹介していきます!

 

デメリット

  • 収納スペースがない
  • 重さがあり組み立てにくい
  • 対応していないものもある

 

収納スペースがない

見た目の通り、収納スペースはありません。

テレビ下はゲームやDVDなどを置いている人も多いので、不便と感じる人も多いのではないでしょうか?

見た目はおしゃれですが、収納スペースがないのは厳しいですよね。

テレビで使うものをすぐ下に置きたい人は、テレビ台の方がおすすめです。

 

重さがあり組み立てにくい

安全性を高めるため、壁寄せテレビスタンドはとても重いです。

そのため、1人で組み立てるのは大変です。

安全性のためには、仕方が無い事ですよね。

1人で組み立てるのは重さがあり危ないので、誰かと一緒に組み立てるようにしましょう!

 

対応していないものもある

テレビの大きさや対応していないものもあります。

もともと家にテレビがあり、対応していなかったということもあるので注意しましょう。

また、メーカーによって対応していないテレビサイズもあるので、買う時にサイズを確認してください。

買ってから合わなかったなんてのは辛いですよ。

 

ところで、壁寄せテレビスタンドの 配線は隠せるのでしょうか?

隠し方も見ていきましょう!

 

スポンサーリンク

壁寄せテレビスタンドは 配線を隠せる?隠し方は?

テレビにはたくさんの配線があり、隠すのが大変ですよね。

収納スペースがない壁寄せテレビスタンドは、 配線を隠せるのでしょうか?

隠し方を紹介していきます!

 

ごちゃごちゃしやすい配線もスッキリと隠せます。

壁寄せテレビスタンドは、裏側に配線や電源タップをまとめて収納できます。

 

配線を上から下にまとめて通すことが出来るようになっています。

そのため、ごちゃごちゃにならずスッキリと収納できます。

電源タップも収納できるので、テレビ台より配線をスッキリ収納できたという声も多いです。

通すだけなので、収納が苦手な人も簡単に出来ますよ。

 

では、どのようなものがおすすめなのか見ていきましょう!

 

スポンサーリンク

壁寄せテレビスタンドのおすすめは?

たくさんの種類があるのでおすすめを紹介していきます!

 

自分がどこを重視して買うのかがポイントです。

ライフスタイルに合わせさまざまな角度で見たい人は、上下左右首振りできるものがピッタリです。

安全性重視なら、厳しい基準である起震車試験をクリアしているものがおすすめです。

スリムなデザインで、部屋をより広くスッキリと見せることが出来ます。

 

上下左右首振り

ライフスタイルに合わせて、テレビの角度も調節することが出来ます。

また、高さも調節できるのでソファーでもダイニングでもピッタリです。

その時の状態に合った角度で見ることが出来るのは嬉しいですよね。

 

起震車試験クリア

一般的な試験を上回る厳しい基準である起震車試験をクリアしているので安心安全です。

特許取得の3Ⅾベースはとても薄い鉄板で、車いすでも安全なデザインとなっています。

いつもそばにあるものなので、安心安全が1番ですよ。

 

スリムなデザイン

スリムなデザインで、部屋もスッキリと広く見えます。

配線もスタンド裏に隠せるようになっているので、ごちゃごちゃになりません。

おしゃれな部屋には、おしゃれな壁寄せテレビスタンドが美しいです。

 

まとめ

壁寄せテレビスタンドは倒れないように作られているので大丈夫です。

重さがとても重く、重心が壁側になるよう作られているので、前に倒れる事はないようになっています。

多くのものが耐震試験を行っており、震度7くらいの揺れまでは倒れないようになっています。

また、メーカーの保証付きのものも多いです。

 

デメリットには、ゲームやDVDなどの収納スペースがないこと、重さが重く組み立てにくい事があります。

また、対応していないものもあるので買う前に確認しましょう。

 

ごちゃごちゃしやすい配線も、通していくだけで簡単にスッキリと隠せます。

スタンド部分の裏側に配線や電源タップをまとめて収納できます。