食べ物

ポテトサラダの玉ねぎが辛い理由や辛くなくする対処法は?辛くない玉ねぎの選び方も!

スポンサーリンク

お弁当やサンドイッチ、付け合わせなどにも…様々な使い方ができるポテトサラダ、おいしいですよね。

中に入っている具材もご家庭によって様々ですが、玉ねぎは欠かせない具材の1つですよね!

 

ですが、玉ねぎをそのまま入れてしまうと辛いポテトサラダが出来上がってしまう可能性も…。

せっかく手間暇かけて作ったポテトサラダが辛かったら悲しくなってしまいます。

 

玉ねぎが辛い理由は、玉ねぎに含まれる『硫化アリル』という辛み成分が流れ出てきてしまっているからです。

でも大丈夫、調理の段階でひと手間加えるだけで玉ねぎが辛いのを抑えることができます。

ポテトサラダの玉ねぎが辛くならない処理の方法や、辛くない玉ねぎの選び方などをお伝えしていきます。

 

美味しいポテトサラダを作る手助けになれば、幸いです。

 

スポンサーリンク

ポテトサラダの玉ねぎが辛い理由は?

ポテトサラダに入れた玉ねぎが辛い理由は、玉ねぎに含まれる『硫化アリル』という辛み成分が流れ出てきてしまっている事が原因です。

サラダに入っている玉ねぎや、玉ねぎスライスなどを食べて辛いと感じることはだれしも一度は経験があるのではないでしょうか?

それも『硫化アリル』という成分が原因なのです。

 

でも、不思議と肉じゃがやカレーの玉ねぎは辛いと感じたことはありませんよね。

 

硫化アリルの辛み成分は、熱を加えると別の物質へ変化する特徴があります。

その為加熱すると辛みが無くなるのですね。

 

ポテトサラダに入れた玉ねぎが辛いのは、生の玉ねぎを使用してしまっているからなんですね。

 

スポンサーリンク

ポテトサラダの玉ねぎが辛い時の対処法は?

せっかく作ったポテトサラダが、玉ねぎのせいで辛いポテトサラダになってしまうとがっくりしてしまいますよね。

ですが、調理段階でひと手間加えるだけで玉ねぎの辛みは抑えることができ、辛くないポテトサラダを作ることができます!

 

下処理の仕方で風味や食感がかわってくるので、好みの下処理を行ってくださいね。

ご紹介していきます。

 

塩もみ

薄くスライスした玉ねぎを塩もみすると、辛みを軽減することができます。

加熱するわけではないので、しんなりはしてしまいますが玉ねぎの風味を生かせるのが塩もみのおすすめポイントです。

 

塩もみした後ぎゅっと水分を絞るのがポイントですよ。

 

レンジで加熱

レンジで加熱するのも辛みを取る方法でおすすめです。

玉ねぎは加熱することによって辛み成分が変化し、甘い玉ねぎへと変化します。

 

シャキシャキ感はなくなり、しんなりした食感になりますが、玉ねぎ独特の風味辛いのが苦手な方には簡単で試しやすい方法です。

 

水(酢水)にさらす

水にさらすと辛みが抜けやすいのは知ってる方も多いのではないでしょうか?

水にさらすと辛みが抜けやすいですが、酢水にさらすのも辛みがよくぬけておすすめです!

 

水にさらすと食感損なわず、玉ねぎを食べることができます。

シャキシャキした食感が好きな人にはおすすめといえますね。

 

スポンサーリンク

ポテトサラダの玉ねぎはいらない?

ポテトサラダに入れる玉ねぎは、入れなくてもおいしいポテトサラダを作ることはできます。

極論、玉ねぎがいるのかいらないのかは好みの問題が大きい部分です。

 

私は玉ねぎを入れていましたが、結構いらないと思っている人も多いようです。

 

ポテトサラダに玉ねぎがいらないと思う理由はこのような理由が多いようです。

  • 辛みが苦手だから
  • 無くても作れるから
  • 子供が小さく食べないから

子供がいる事や苦手だという意見が目立つ印象でした。

 

もちろん玉ねぎを入れるのが好きな人も多いです。

 

玉ねぎを入れる人たちはこんな理由でポテトサラダに玉ねぎを入れているようです。

  • 歯ごたえがアクセントになる
  • 玉ねぎの風味が欲しい
  • 玉ねぎが好きだから

 

親の作るポテトサラダに玉ねぎが入っていたから何のためらいもなく入れていたけれど、子供ができて入れなくなったり、旦那が入れない派だった、という話もよく聞きます。

ポテトサラダの具材には、そのご家庭の味があるんでしょうね。

 

スポンサーリンク

辛くない玉ねぎの選び方や切り方は?

玉ねぎは外から見ても、そんなに辛くない物と思っていたより辛いものとありますよね。

一般的に売られている茶色の玉ねぎで辛くない物を見分けるのは難しいですが、皮の薄い新玉ねぎはみずみずしくて甘いのでおすすめです。

おしゃれなサラダなどに出てくる赤玉ねぎも辛みは少ないため、おすすめですよ。

 

玉ねぎの辛みを抑える事ができる切り方があるので、そちらもおすすめです。

 

玉ねぎには繊維があり、その繊維に逆らって切ると辛みが抑えられて柔らかい玉ねぎに仕上がります。

詳しい切り方は動画を参考にしてみてくださいね。

 

個人的には新玉ねぎで作ったポテトサラダが甘くておいしくて大好きです、新玉ねぎの季節には是非一度作ってみてくださいね。

 

まとめ

玉ねぎ入りのポテトサラダ美味しいですよね。

玉ねぎの好き嫌いはわかれるところですが、玉ねぎ好きにはポテトサラダに玉ねぎは是非入れておきたいですものね。

 

せっかく作ったポテトサラダが辛くなってしまわないよう、しっかり下処理を行うのがおすすめです。

シャキシャキした食感を残したい、甘みを出したい、など好みに合わせて下処理の方法も選んでくださいね。

 

ぜひおいしいポテトサラダをつくってくださいね。