生活

乾燥機はほとんど使えない!?使える衣類や使えない衣類を解説!タンブラー乾燥禁止はどうなる?

スポンサーリンク

乾燥機はほとんど使えないのでしょうか?

乾燥機と言ったら、綿やナイロンなどの衣類、ニットなどの網目が粗い衣類が縮むことで有名ですよね。

ではどんな衣類が使えて、どんな衣類が使えないのでしょうか?

 

乾燥機はほとんど使えないのか、タンブラー乾燥禁止は乾燥させるとどうなるのか解説していきます!

 

スポンサーリンク

乾燥機はほとんど使えない!?

多くの衣類に、乾燥は避けてくださいとの表示がありますよね。

では、乾燥機はほとんど使えないのでしょうか?

 

乾燥は避けてくださいとの表示がある場合がほとんどです。

ただ、使って着れなくなるほどではなく少し縮む程度なので、多くの人が乾燥機を使っています。

タンブラー乾燥禁止の表記は、大きく形が変化することが多いので注意が必要です。

 

雨が続く日は、乾燥機があると便利ですよね。

ただ、多くの衣類に乾燥は避けてくださいとの表示があります。

タンブラー乾燥禁止の表記は、大きく形が変化することが多いので注意が必要です。

大切な服が着れなくなってしまったらショックですよね。

 

乾燥は避けてくださいとの表示があっても、乾燥機を使った事がある人も多いですよね。

少し縮むことはありますが、着れなくなるほどではないので、多くの人が使っています。

自己責任となるので、自分が特に気にしない場合は使用しても良いのではないでしょうか。

もともとサイズが小さめだったものや大切な服など、小さくなったら困るものは乾燥機を使わないなど工夫するのが良いですよ。

 

乾燥機が使えない衣類や服以外の使えないものを見ていきましょう!

 

スポンサーリンク

乾燥機が使えない衣類や使えないもの(服以外)は?

多くの人が乾燥機を利用していますが、使えないものの区別は出来ていますか?

乾燥機が使えない衣類や服以外の使えないものを紹介していきます!

 

衣類に表示されている四角と丸が合わさったマークが乾燥機のマークです。

バツがついていると乾燥機が使えないという事です。

 

綿や麻、ウールやレーヨンなどの天然素材、ナイロンやポリウレタンなどの化学繊維は縮みやすいので気を付けましょう。

また、ニットやポロシャツなど、編み込んでいるタイプの衣類は網目が詰まりやすく縮みやすいです。

 

乾燥機が使えないマークがついているものは、乾燥機を使うのは控えましょう。

ただ、縮むことを気にせず使っている人も多いです。

少しでも縮まないようにするため、ドライヤーボールなどを使い短時間で取り出すのがおすすめです。

また、浴室乾燥機があればお風呂で乾燥させるのも良いです。

 

綿やウールなどの天然素材は、Tシャツやセーターなどに使われる事が多い素材です。

一方、アウターやポーチなどに使われることが多いのが、ナイロンなどの化学繊維です。

網目が大きいものほど縮みやすいので注意しましょう。

大きくサイズが変わりやすそうなものや絶対に縮ませたくないものは避けて、自己責任で乾燥機は使ってください。

 

次は、乾燥機が使える衣類や服以外の使えるものを見ていきましょう!

 

スポンサーリンク

乾燥機が使える衣類や使えるもの(服以外)は?

使えないものを見てきましたが、使えるものはどのような衣類なのでしょうか?

簡単に紹介していきます!

 

四角と丸が合わさった乾燥機のマークでバツがついていなければ、使用する事が出来るという事です。

真ん中の点の数は使用出来る温度の上限を表しており、1つの点は60℃、2つの点は80℃まで使うことが出来ます。

家庭用乾燥機のほとんどが低温なので、バツがついていない限り乾燥機が使えます。

タオルや枕カバー、靴下など使用頻度が高いものは乾燥機が使えます。

また、部屋着やパジャマなど人目に付かないものも、シワが気にならないのなら時短になって良いです。

他にも、毛布や布団、カーペットなどの大きなものも、乾燥機を使うと干す手間も省けて便利です。

 

まずは乾燥機のマークを確認しましょう。

バツがついていない限り、乾燥機が使えるという事です。

乾燥機を活用すると、洗濯も時短できて良いですよね。

 

乾燥機を使う場合は、傷みが気になるものと気にならないものを区別していくのがポイントです。

 

タオルや靴下など使用頻度の高いものは、乾燥機を使うのがおすすめです。

また、外出時に着ない部屋着やパジャマなども、シワを気にしないのであれば乾燥機を使うと時短になり良いですよ。

干すのに大変な毛布や布団、カーペットなどの大きなものにも、乾燥機は活躍します。

 

次はタンブラー乾燥禁止の服を乾燥すると、どうなるのか見ていきましょう!

 

スポンサーリンク

タンブラー乾燥禁止の服を乾燥するとどうなる?どうすべき?

乾燥禁止の服を乾燥すると、どうなるのでしょうか?

どうすべきなのか、見ていきましょう!

 

タンブラー乾燥は短時間で乾燥でき便利ですが、衣類にダメージを与えやすいです。

衣類を回転させながら温風を当てるので、摩擦と温度が高くなってしまいます。

そのため、タンブラー乾燥禁止の服を乾燥するとニットなどは縮み、プリントデザインは崩れてしまいます。

ニットなどの網目が粗い衣類やプリントデザインは、浴室乾燥を使うのがおすすめです。

 

時短になり便利なタンブラー乾燥ですが、衣類にダメージを与えるというデメリットもあります。

特に傷みやすいのが、網目が粗いニットなどの衣類です。

また、綿などの熱に弱い繊維を使用している衣類や、プリントデザインは崩れてしまいます。

 

乾燥機が使えない場合は、短時間で乾燥させるため浴室乾燥を使うのが良いです。

自然乾燥となると臭いが気になりますよね。

臭いを軽減させるためにも、乾かす時間を短くするようにするのがポイントです。

浴室乾燥が無い場合は、除湿器を使うのもおすすめですよ。

 

まとめ

乾燥は避けてくださいとの表示がある場合がほとんどですが、着れなくなるほどではないので多くの人が乾燥機を使っています。

ただ、タンブラー乾燥禁止の表記は、大きく形が変化することが多いので注意が必要です。

 

天然素材や化学繊維、網目が粗い衣類は縮みやすいので気を付けましょう。

タンブラー乾燥禁止の服を乾燥する場合は、浴室乾燥や除湿器を使うのがおすすめです。

 

タオルや枕カバー、靴下など使用頻度が高いものは乾燥機が使えます。

また、部屋着やパジャマなど人目に付かないものも、シワが気にならないのなら時短になって良いです。

他にも、毛布や布団、カーペットなどの大きなものも、乾燥機を使うと干す手間も省けて便利です。