体のこと

辛いものを食べたら下痢で痩せる?食べてすぐ下痢は太らないってホント?

スポンサーリンク

辛いものって、おいしいですよね。

好き嫌いが別れる辛い物ですが、好きな人は好んで辛いものを食べますよね。

 

辛いものを食べた後って、胃が痛くなったり下痢をしてしまったり、お腹の調子が悪くなる人っていませんか?

全員がなるわけではないのですが、辛いものを食べ慣れていなかったり、極端に辛いものを食べたりすると下痢をしてしまう人がいます。

 

下痢をした後は体重も落ちますし、お腹もひっこみますし、痩せたんじゃない?と思ってしまいますが、辛いものを食べた後下痢をしたからといって痩せることはありません。

水分が出て行ってしまいその分が軽くなっているだけで、痩せるというわけではありませんのでしっかり水分補給する必要があります。

 

どうして下痢をしてしまうのか?下痢でのダイエット効果はあるのか?など、辛いものとお腹の調子のことを詳しくお伝えしていきます。

 

スポンサーリンク

辛いものを食べたら下痢で痩せる?ダイエット効果あるの?

辛いものを食べたら下痢をした…なんて経験、あるのではないでしょうか。

辛いものを食べて下痢をしたら痩せるのでは?という考えや、体重をはかったら減っていた!なんてこともあるかもしれません。

 

結論を言うと、辛いものを食べて下痢をしたからといって痩せることはありません。

辛いものを食べて下痢になった後に痩せたと感じるのは、下痢したことによって体の中の便や水分の分が減っているだけで、体脂肪は減っていないので痩せているわけではないんですね。

 

そもそも下痢してしまう仕組みは、唐辛子のなかに含まれているカプサイシンという成分が原因となっています。

  • 胃腸を傷つけてしまう
  • 神経を刺激してしまう
  • 腸の動きが活発になる

カプサイシンには、こんな効果があるためそれに伴って下痢が起こってしまうのですね。

 

下痢することによって、体の中の水分が失われているので簡単に言えば軽い脱水状態です。

なので、痩せたというよりは体からのSOSに近いですね。

 

せっかく体重が減ったのに戻ってしまう…と思ってしまうかもしれませんが、体にとって水分は必ず必要なもの。

胃腸に負担のかからない飲み物で、水分補給をしましょう。

 

これらによって引き起こされた下痢は、刺激が体内で収まれば自然と収まりますよ。

 

スポンサーリンク

食べてすぐ下痢になると太らないってホント?

お腹の調子があまり強くない人などは、食べてすぐ下痢してしまう…という人もいるかもしれません。

下痢を繰り返していると太らないのでは?と思いますよね。

 

確かに、下痢をしやすい体質の人は太りにくい人もいるようです。

ですが、それは決して健康的な痩せ方ではありませんし、別に大きな病気が隠れている可能性もあります。

それに、必要な栄養も一緒に出て行ってしまっている可能性があります。

 

食べてすぐ下痢になってしまう原因はいろいろあるようです。

  • 脂質過多
  • 食べすぎ
  • ストレス
  • 乳糖不耐症
  • その他大きな病気

少し説明していきますね。

 

脂質過多

脂っこい食べ物を好み、下痢が多い人は脂質過多が原因の可能性があります。

 

脂っぽい食べ物は消化に時間がかかるので、それが胃腸の負担となり下痢に繋がるんですね。

脂質以外にも、アルコール類も同様だと考えられます。

 

油物をたくさん食べると太るイメージがありますが、油物によって下痢をしてしまう人はそうでもないのかもしれません。

その辺は体質も関係しているのかもしれませんね…。

 

食べすぎ

食べ過ぎも下痢の原因のひとつになります。

食べ過ぎると胃腸に負担がかかって、胃腸の機能が低下してしまいます。

それが原因で下痢になるのですね。

 

食べるのが早い人や、あまり噛まない人、暴飲暴食がよくある人で、下痢がよくある人は食べ過ぎが原因の可能性があります。

暴飲暴食をして下痢で痩せるのではなく、ゆっくり噛んで食事をして太らないことを目標にするのがいいですね。

 

ストレス

ストレスと胃腸の関係は深く関係していると言われています。

ストレスを感じたときに、胃が痛くなったりするのもそのせいですね。

食べた直後にストレスを感じて下痢になる…というわけではなく、日常的なストレスなどで胃腸が弱っていて下痢を引き起こしている可能性があるかもしれません。

 

乳糖不耐症

乳糖不耐症って、聞くとなんだか大変な病気なような気がしますがそうではありませんので安心してくださいね。

その名の通り、乳糖にたいして下痢を引き起こしてしまうことを乳糖不耐症と言います。

 

朝牛乳を飲むと下痢をしてしまう人っていますよね。

牛乳など乳糖の多いものを摂取すると下痢を引き起こしてしまうのが、乳糖不耐症です。

 

チーズやヨーグルトなどなら大丈夫なので、牛乳などが原因の人はそちらを試してみてくださいね。

 

その他大きな病気

説明してきた以外に心当たりがない方は、もしかしたら他に病気がある可能性もあります。

下痢といえば、胃や腸を想像しますがそれ以外の臓器が原因で下痢を引き起こす事もあるようです。

 

下痢を引き起こす原因は本当に様々で、体に異常がなく体質的なものもあります。

食事の後下痢を繰り返したり、慢性的に下痢を繰り返す方などは、念のために一度病院へ行ってみると良いと思います。

 

スポンサーリンク

辛い食べ物の香辛料オススメは?

辛いものって、食べ過ぎると胃腸に負担がかかってしまいますがおいしいのでやめられないですよね。

一概に辛いと言っても、様々な種類の辛いがあります。

おすすめを紹介していきますね!

 

キャロライ・ナリーパー

キャロライ・ナリーパーという唐辛子です。

世界一辛いと言われている唐辛子だそうです。

キャロライ・ナリーパーを栽培している人が、出荷前に毎回味見をするそうなのですが「毎年涙と汗とよだれが止まらなくなるくらい辛い」といっていたそうです…。

私も辛いもの大好きなんですが、食べるのには少し勇気がいりそうです…。

 

クミンパウダー

クミンパウダーは聞いたことある人も多いのではないでしょうか。

クミンパウダーには、香辛料の中ではそんなに辛み成分は強くありません。

スースーするような味わいと、ほんのりとした苦み、あとからくるピリリッとした辛みが特徴のスパイスです。

くせになってしまいそうなクミンパウダーですが、食べ過ぎると体臭がきつくなるともいわれているので食べ過ぎには注意しましょう。

 

舞子はんひぃ~ひぃ~

何とも可愛らしいネーミングの香辛料です。

こんな可愛らしい名前をしていますが、辛さはなんと普通の唐辛子の10倍なんだとか!

ネーミングにひかれて購入してみたものの、辛いだけではない辛さにくせになった!というリピーターも多いようで、辛い物好きなら是非一度試してみたい商品です。

 

スポンサーリンク

辛いものを食べても下痢しない人とは?

下痢をするにも様々な原因があります。

辛いものを食べて下痢しない人は、辛いものに慣れている可能性が高いです。

 

人間の体とはすごいもので、刺激や体の変化など、どんどん慣れていけるようになっているんです。

なので普段日常的に辛い物を食べている人は、多少の辛いものくらいなら下痢しないといえるでしょう。

逆を言えば、普段から辛いものを食べている人でも普段食べているものよりもめちゃくちゃ辛いものを食べたりしたら下痢をしてしまう可能性もあるということです。

 

下痢をしてしまうのには、様々な原因と共に、体質的なものも大きく関係しているといえます。

ストレスでお腹を下しやすい人、牛乳でお腹を下しやすい人、冷えると下痢をしやすい人、食べ過ぎや飲みすぎが慢性化している人など…。

 

自分のお腹の調子や体と相談しながら、ゆっくりお腹を労わってあげれるようにしましょうね。

暖かい物を摂取したり、消化にいいものを食べたり、お腹を暖めてあげるといいようですよ。

 

まとめ

辛い物って、暑くて食欲がない日でも食べれちゃうくらい刺激的でおいしいですよね。

 

一言に辛いと言っても、本当に様々な辛みがあります。

熱くて痛い位辛い物から、後味のみピリッとくるもの、味噌などを混ぜたうまみたっぷりの辛い物…どれもおいしいですが、どれも食べ過ぎると胃を荒らしてしまいます。

また、辛い物は食欲増進の効果もあるようなのでついつい食べてしまうのも下痢の原因となりそうです。

 

でも好きなものはやめられないですよね、そういう時は脱水に注意しながらしっかり水分補給をして、次の日はお腹を休めてあげてくださいね。

自分のお腹と相談しながら、辛い物がたのしめるといいですね!