雑学

お菓子を頂いた時のお礼の例文紹介!友達や先輩へのラインやお返しは?

スポンサーリンク

友達や職場の人に、お土産などでお菓子を頂くことってありますよね。

お菓子をもらって嬉しい反面、お返しやお礼のことを考えると悩んでしまいます…。

 

友達やママ友、先輩、誰にお菓子をもらった場合でも、気を付けるべき一番のポイントがあります。

それは、もらった当日にお礼をする、ということです。

 

そして、

  • 挨拶
  • お礼
  • もらったものの感想

上記のような構成でお礼の文章を考えましょう。

 

大事なのは、感想に自分の気持ちを盛り込むことです!

あとは、相手別に言葉遣いを変えればOKです。

(目上の方や、頻繁に会う人以外には敬語を使う、など)

 

今回の記事では、お菓子を頂いた時のお礼の例文やお返しの詳細を解説していきます!

 

スポンサーリンク

お菓子を頂いた時のお礼のライン・メール例文やポイントを紹介!

お菓子を頂いたときのお礼を、ラインやメールで伝えるときはどんな文面がいいのでしょうか。

一口にお礼と言っても、相手によって文面は変わりますよね。

友達のような気心の置けない間柄と、先輩などのかしこまった対応が求められる間柄では言葉遣いも違ってくるでしょう。

 

ここでは、お礼を言う相手別に例文を紹介します。

 

友達の場合

友達にお菓子を頂いた時のお礼はどのような文章がいいでしょうか。

友達の場合は、口頭で話すようなカジュアルな文面がいいでしょう。

感想を入れつつ、感謝の気持ちを伝えましょう!

 

(例)
さっきは、お土産ありがとう!
すごくおいしかったよ~!おいしすぎてあっという間に食べ終わっちゃったくらい笑
また今度、改めてお礼を言わせてね。早く会って話したいな!

上記のように、親し気な話し言葉を使って大丈夫です。

 

また今度~など、未来の内容を含めると、親しい雰囲気が伝わっていいですね。

おいしかった、という感想もちゃんと伝えましょう!

 

ママ友の場合

それでは、ママ友にお菓子を頂いた時のお礼はどのような文章がいいでしょうか。

ママ友とは、子どもがきっかけで友達になった人です。

ですから、文面には子どものエピソードを盛り込むといいでしょう。

 

(例)
先ほどは、お土産を頂きありがとうございます。
さすが〇〇ちゃんママ!と思うくらい、センスのよさを感じるお土産でした。
子ども達もすごくおいしかったらしく、取り合って食べていました!
またみんなで遊びに行こうね。
これからも親子ともども、仲良くしてくださいね。

子どものエピソードを入れつつ、おいしいという感想を盛り込んだ文章です。

 

ママ友は、同級生や地元の友達とは違い、親しき中にも礼儀あり、という態度が求められます。

敬語を取り入れつつ、砕けすぎない文章がいいでしょう。

 

先輩の場合

先輩の場合は、あまりに砕けた言葉遣いだと失礼だと思われてしまうこともあります。

あくまで丁寧な文面を心がけましょう。

 

(例)
お疲れ様です。〇〇です。
この度は、お土産を頂きまして、ありがとうございました。
チーム全員で休憩中に頂きました。
とても食感がよく、みんなおいしいと口をそろえていました。
またお時間のあるときに、お土産話を聞かせてください。楽しみにしております。

 

ビジネスライクに「お疲れ様です。」や敬語を使いつつ、感想が入っていることで、感謝の気持ちを伝えています。

目上の方へのお礼の際に、参考にしてみてください。

 

スポンサーリンク

お菓子を頂いた時のお返しが必要な場合やオススメは?

ところで、お菓子を頂いた時のお返しは必要なのでしょうか?

結婚祝いや出産祝いなどはお礼を返さなくてはいけない、というのは皆さん知っていることでしょう。

しかし、旅行のお土産だったり、ちょっとした手土産の場合はお返しするべきか悩んでしまいますよね。

 

結論として、旅行のお土産などの場合は、すぐにお返しする必要はありません

ただ、お菓子を頂いたということは覚えておいて、今度自分が旅行に行った時には相手にお土産を買ってくる、という返し方がいいでしょう。

 

もらったらすぐに何かをお返しする!ということを繰り返していると相手も疲れてしまいます。

すぐに何かをする、という必要はありませんが、もらいっぱなしにはならないように気を付けましょう。

 

また、しばらく旅行や出かける予定がない場合は軽い手土産を用意するといいでしょう。

 

オススメのお返し品~友達・ママ友~

友達やママ友へのお返しの手土産の場合、あまりにも値が張るものは避けましょう。

高額なお返しをしてしまうと、次回はもっと高額なお土産を買わなくては…という、相手へのプレッシャーになりかねません。

金額の目安としては、1,000円台~3,000円以下くらいがいいでしょう。

 

手土産の大定番、ハラダのラスクです。

私自身もらったことも多いです。

まず、はずすことはないでしょう!

 

こちらも定番のヨックモックです。

金額も1,000円以下なのでお互いに気を遣わずに済みます。

安価ながらブランドのおかげで高級感があり、相手を選びません。

 

オススメのお返し品~先輩~

先輩のような、目上の方への手土産はすこしきちんと感がほしいところです。

相手から頂いたお菓子にもよりますが、安すぎず高見えするものがいいでしょう。

 

千疋屋のお菓子は、味は保証つきです。

フルーツを使ったものが多く、カラフルで見た目にも華やかです。

金額も安すぎず、目上の方にもぴったりでしょう。

 

今、人気のスイーツのオムレットです。

たっぷりのクリームで女性の先輩にオススメです!

 

スポンサーリンク

まとめ

さて、今回のまとめです。

  • お菓子を頂いた時のお礼は、その日のうちに!
  • 友達やママ友、先輩など、相手によって文面を変える
  • お礼の文章は、挨拶⇒お礼⇒感想の構成を意識する
  • お返しは、自分が旅行や出かけたタイミングで用意すれば大丈夫
  • 出かける予定がしばらくない場合、簡単な手土産を用意するとベスト!

以上になります。

お菓子を頂いた時のお礼やお返しは、ささいなことですが相手次第で悩むポイントも多いですよね。

今回の記事が、そんなお悩みのお役に立てたら幸いです。