雑学

おむつケーキはいらない?嬉しくない?賛否の声も紹介!

スポンサーリンク

おむつケーキは華やかで、お祝いにふさわしい出産祝いの定番⁉のようになっています。

 

可愛らしい見た目で思い出にも残り、なおかつ、おむつという実用品。

でも実際のところ、おむつケーキはいらない・もらっても嬉しくないという声もあるので、プレゼントする相手がおむつケーキをどう思っているかをまず確認する必要がありそうです。

 

この記事ではおむつケーキは本当に喜ばれるのか、実際にもらった人の賛否の声を紹介していきたいと思います。

 

スポンサーリンク

出産祝いにおむつケーキはいらない?嬉しくない?

出産祝いにおむつケーキはいらないという声や、嬉しくないという声があるのは事実です。

 

おむつケーキの歴史の始まりはアメリカです。

ベビーシャワーを華やかに演出するアイテムとして生まれたといいます。

映画や人気ドラマなどに登場したことから、15年ほど前から日本でも流行りだしました。

 

最近では日本でもベビーシャワーをする人が増えているので、おむつケーキの需要も高まってきているのかもしれません。

実際「Diaper Cake」「おむつケーキ」とSNSで検索すると、色とりどりのお花やリボン、またテディベアなどのぬいぐるみでデコレーションされた、本物のケーキも顔負けの素敵なおむつケーキをたくさん見ることが出来ます。

 

そんなSNS映えするおむつケーキを見ているとプレゼントしたくなる気持ちも分かります。

 

私もおむつケーキを出産祝いでいただいた一人です。

可愛らしいぬいぐるみとおむつが綺麗にラッピングされていてとてもテンションが上がりましたし、子供と一緒にたくさん写真を撮って新生児期の良い記念にもなりました。

個人的にはインパクトがあってとても嬉しいプレゼントでした。

 

でもおむつケーキはいらないという声があるのも事実なようです。

見た目も可愛くて実用的でもあるおむつケーキなのに、なぜもらっても嬉しくないお祝いと言われているのか色々な声を調べました。

 

スポンサーリンク

おむつケーキの手作りが嫌という意見も

おむつケーキの手作りは清潔感に欠けるから嫌という意見もあります

 

専門店もあるほど人気のあるおむつケーキですが、自分で手作りするという声もありました。

100円ショップで手に入る材料で作れるというアイディアを紹介したサイトなんかも簡単に見つかります。

 

作る人によって形や色など様々に変えられるので、丁寧に作られたオリジナル感もでますし、大切な赤ちゃんへの心からのお祝いの気持ちをこめて贈ることができるというのが利点のようです。

 

でも出産祝いを渡すのは、新生児期や2、3か月のまだ衛生面をとにかく気にする時期ですよね。

それを考えると、おむつケーキを作るためにわざわざ密閉されていて清潔なおむつのパッケージを一度開け、それからひとつひとつ丸めたりラッピングしたり・・・

 

作る時に触られているから清潔さに欠けるという声があるのも理解できる気がします。

赤ちゃんが使うものだからこそ手作りは嫌というわけです。

 

スポンサーリンク

おむつケーキへの賛否の声を紹介

おむつケーキに対する賛否の声をまとめてみました。

これ以外の意見もありますが、ここで紹介する意見が多く見られると思います。

 

賛成派の意見は?

まず賛成派の声です。

即戦力になるアイテムなので嬉しい

1日10回以上もおむつ交換を必要とする新生児期には、1週間で1パック使い切ってしまうことも普通です。

そのため、消耗品であるおむつケーキのプレゼントは嬉しいという声です。

 

2人目の出産祝いでほしい

1人目を出産したあと一通りの物が揃っている場合、2人目のお祝いには服やおもちゃなどではなく消耗品がほしいという意見です。

おむつそのものだと味気がないので、綺麗にラッピングされているおむつケーキはお祝い感が増していて嬉しいという人もいます。

 

反対派の意見は?

次に反対派の意見です。

まるまったおむつをいちいち開くのが面倒くさい…

これはもらった側としてとても納得してしまう理由でした。

実はおむつケーキは衛生面のことを考えてか、おむつ1枚1枚が個別で透明の袋に入れられているものが多いです。

いざおむつを使おう、そう思った時にはまずラッピングをすべて外し解体してから1枚ずつ袋から取り出し・・・と、かなり面倒くさいです。

それからゴミもたくさん出るのも弱点の一つです。

 

誰かがペタペタ触ったおむつを新生児に使うのは不衛生!

手作りおむつケーキの時にもありましたが、衛生面での不安です。

例え手袋をしている環境で作られていたとしても少し抵抗感を持つ人も多いようです。

 

せっかくもらったので、いつ壊していいのかわからない

これもすごく分かります!見た目が可愛いのでなかなか壊せないんですよね。

しばらく飾っておきたいけど、でも中身はおむつなのでそのままにしておくとサイズアウトしてしまう心配もあり・・・と悩みどころです。

 

おむつなのに「ケーキ」というネーミングが嫌

これは排泄物を扱うものなのに食べ物の名前を付けるのが良くないということだと思われます。

これもなんとなく分かる気がしました。

 

いただけるものはなんでも嬉しいという人も多いかと思いますが、おむつケーキに関しては賛否の声があるのが事実のようです。

 

スポンサーリンク

おむつケーキの選び方はどうする?

色々な意見があるのは知っているけれど、それでもおむつケーキをプレゼントしたい!と思った場合、ぜひ一度、相手が本当におむつケーキを嬉しいと思ってくれるのかを聞いてみてください。

 

  • 「お祝いにおむつケーキをプレゼントしたいんだけどどうかな?」
  • 「赤ちゃんに使うものだから、気になるなら別のものにするから教えてね。」

 

など、一言確認を取るだけでも本当は欲しくなかったのにや、いらないものを貰ってしまったというガッカリ感を与えずにすみます。

 

また、どの種類のおむつを使っているのかまで聞けたら完璧です。

そして、おむつだけではなくタオルやおもちゃなど赤ちゃんへのプレゼントが一緒になったおむつケーキもたくさん種類がありますから、そういったものも喜ばれるかもしれません。

相手も自分も満足できる選び方が出来たらいいですよね。

 

まとめ

おむつケーキの良さは本物のケーキのような華やかさとインパクトです。

プレゼントをもらった時にあからさまに嫌!いらない!と言える人はあまりいないと思いますが、それでも自分が選んだおむつケーキが本当は喜んでもらえていないなんてショックですよね。

せっかくの出産のお祝いですから、相手に心から喜んでもらえるようなプレゼントをするためにも、事前に「おむつケーキをプレゼントしたいんだけどどうかな?」という一言をかけるのを忘れないでくださいね。

 

この記事の関連記事はこちら

⇒出産祝いにタオルはいらない?もらって嬉しいものって何?

⇒出産祝いに絵本はいらないし迷惑になる?嬉しいという声やかぶらないポイントも!