食べ物

冷凍チャーハンをお弁当にそのまま入れて自然解凍はあり?前日に用意するのは?

冷凍チャーハンってお手軽で美味しいので重宝しちゃいますよね。

今の時代美味しくて便利な冷凍食品が増えているのでお弁当にもそのまま入れて自然解凍して持っていけるのではと思う方も少なくないと思います。

 

結論から言うと基本的には冷凍チャーハンをお弁当にそのまま持って行くことはできません。

ですが表記されている内容によっては持っていけます。

 

そこで今回は持って行ける物と持っていけない物の見分け方、また持っていく際の注意点などを紹介していきます。

 

冷凍チャーハンをお弁当にそのまま入れて自然解凍はあり?安全に食べるには!

冷凍チャーハンをお弁当にそのまま持っていくには、冷凍商品のパッケージの裏に

  • 「冷凍前加熱の有無」
  • 「加熱調理の必要性」

 

についての項目があるのでまずその項目を確認してください。

 

自然解凍で食べられるものには、「解凍してそのままお召し上がりください」という表記があります。

その場合は、先ほど紹介した「冷凍前加熱の有無」についての表記はありません。

パッケージの裏などに、「解凍してそのままお召し上がりください」の表記があるもののみ自然解凍で食べれるのでお弁当にもそのまま入れることできます。

 

ですがほとんどの冷凍チャーハンに「解凍してそのままお召し上がりください」と言う表記はありません。

つまり自然解凍で食べられる冷凍チャーハンはほとんど無いと言う事なのでお弁当にそのまま持っていくのは厳しいです。

 

冷凍チャーハンは自然解凍を前提に作られていない

なぜ冷凍チャーハンは自然解凍してお弁当に持って行くことが厳しいのかと言うと、自然解凍をして食べることを前提に作られていないからです。

メーカー側もチャーハンが1番美味しく食べられる瞬間はいつかと考えた時出来立てが1番美味しいと考えているので、出来立て(要は温かい状態)で食べて欲しいと考え自然解凍を前提として作っていないのです。

 

安全に美味しく冷凍チャーハンを食べるには、パッケージの表記道理に電車レンジで解凍するか、フライパンで炒めてから持って行くことです。

または、冷凍のままお弁当に詰め食べる前に温めてから食べるということです。

 

冷凍チャーハンを加熱後、冷ましてから弁当へ

ここで気をつけなければならないのが、温めたチャーハンは加熱後冷ましてからお弁当に詰めると言うことです。

なぜかと言うと、食中毒などにかかる可能性があるからです。

 

菌はある程度の熱と湿気によって生まれることがほとんどです。

夏場などは特に危険です。

温かいままお弁当箱に詰め、蓋をすると中に湿気と熱がこもり菌を繁殖させてしまうのです。

 

冷凍チャーハンを美味しく安全に食べるには、パッケージの表記をよく読むことです。

特に加熱の有無、注意事項などはきちんと読んでおくことが安全だと思います。

 

冷凍チャーハンの自然解凍時間の目安

中には冷凍チャーハンを自然解凍でお弁当に入れていいものがあるとわかったものの、どのくらいで解凍できるのか気になりますよね。

 

冷凍チャーハンの自然解凍時間の目安は、1時間前後です。

夏場はもっと早く解凍されるます。

逆に冬はもっと時間がかかるにでそこは臨機応変ですね。

 

冬場の室内は思っているよりも解凍時間がかかり、食べる頃に解凍し切れていないという場合もあるの要注意です。

 

冷凍チャーハンを冷凍のままお弁当に入れ食べる前に温める場合は、解凍の進み具合を見て表記より短くして温めたり、様子を見ながら温めることをお勧めします。

あまり温めすぎるのもお米が固くなって美味しく無くなったりするので気をつけてください。

 

スポンサーリンク

冷凍チャーハンのお弁当を前日に作っておくのは危険?

冷凍チャーハンのお弁当を前日に作っておくのは危険ではありません。

ただ、保存場所を冷蔵庫や常温におくのではなく冷凍庫に保存して下さい。

 

冷凍チャーハンを加熱後お弁当に詰めてから常温や冷蔵庫に保存しておくと、余分な水分が出てきてしまい、お弁当を食べる頃に細菌などが繁殖している可能性があるからです。

なので面倒と思う方もいるかとは思いますが、前日から用意しておく場合は、電子レンジOKのお弁当箱に前日準備しておき冷凍庫で保存しておいて下さい。

 

そして朝持って行く時に温めなおしてから持って行くようにして下さい。

この方法が他の常温保管や冷蔵庫保管より細菌を減らし食中毒の可能性をへらしてくれます。

 

ただここで注意欲しいのが、「あくまで可能性を減らすだけ」ということですので気をつけて下さい。

もっとも安全なのは、食べる前に加熱することです。

 

スポンサーリンク

まとめ

冷凍チャーハンを自然解凍した状態で食べられるものはほとんど無いと言うことです。

また、安全に美味しく食べるにはフライパンや電子レンジでの加熱後温かいうちに食べるとことです。

 

自然解凍の目安は、だいたい1時間前後。

その日の温度や状態を見て調節して下さい。

また、自然解凍後食べる時も食中毒などのリスクを避けるため、また美味しく食べるために様子を見ながら加熱して下さい。

 

前日から用意する場合は、電子レンジOKのお弁当箱に詰め冷凍庫で保存して下さい。

朝や食べる前に加熱してから食べるようにして下さい。

 

冷凍食品はコスパも良くお手軽で美味しいですが安全面には重々気をつけて下さい。

必ず、パッケージの表記を確認してからお弁当に詰めるようにして下さい。

 

少しでも、安全に美味しく食べるために安全に気をつけながら活用していきましょう。