生活

シャボン玉石けんを買ってはいけない?危険と言われる理由や口コミまとめ!

スポンサーリンク

シャボン玉石けんを買ってはいけない理由には、どのようなことがあるのでしょうか?

 

敏感肌にもやさしいというメリットがありますが、汚れが落ちにくいなどデメリットもあります。

無添加で有害成分による危険性はありません。

 

どうしてシャボン玉石けんを買ってはいけないのか、危険と言われる理由や口コミも紹介していきます!

 

スポンサーリンク

シャボン玉石けんを買ってはいけない?

シャボン玉石けんは、無添加で体にも優しいと人気です。

一方で、買ってはいけないとの噂も出ています。

どういうことなのか、シャボン玉石けんについて紹介していきます!

 

買ってはいけないと言われている原因は

  • 臭いがくさい
  • 汚れが落ちない
  • 乾燥しやすい
  • 企業戦略に問題あり

 

臭いがくさい

無添加ということもあり、石鹸そのものの独特の臭いがします。

そのため、臭いが苦手という人も多いです。

使用時の臭いが強いですが、すすぎをしっかりとしたら、その後の臭いはあまり気になりません。

しかし、毎日使うものなので臭いは気になりますよね。

 

汚れが落ちない

洗濯石鹸は汚れが落ちないとの声が多いです。

溶けにくいので溶かして使う必要があり、汚れが落ちない分たくさんの量を使ってしまうデメリットがあります。

 

また、汚れ具合に合わせて洗濯石鹸の量を調整しなくてはいけません。

無添加という良いこともありますが、汚れが落ちにくいという悪い部分もあります。

 

乾燥しやすい

シャボン玉石けんは石鹸素地のみのため、乾燥しやすいです。

乾燥肌の人は使った後に肌が突っ張る感覚が出て、乾燥がひどくなる可能性があります。

 

またシャンプーでは、髪がギシギシになってしまいます。

髪がきしむのは嫌ですよね。

 

企業戦略に問題あり

シャボン玉石けんの広告は、SNSなどでも多く見ませんか?

さまざまな場所で情報発信を行っており、企業努力がわかります。

しかし広告の仕方が、他社の製品を悪く扱うような宣伝の仕方で疑問を持つ人も多いです。

無添加を前面に押し出していることもあり、添加物が入っている製品は良くないと悪者扱いになってるんですね。

 

次は、危険と言われる理由を見ていきましょう!

 

スポンサーリンク

シャボン玉石けんが危険と言われる理由は?

危険と言われる理由には、どのようなことがあるのでしょうか?

シャボン玉石けんの危険性について紹介していきます!

 

危険と言われる理由は、乾燥肌を悪化させる可能性があるという事です。

有害成分が入っているからというわけではありません。

 

シャボン玉石けんは石鹼素地のみで作られており、保湿成分が無いので乾燥肌が悪化する可能性があります。

敏感肌の人には良いですが、乾燥肌の人には良くないです。

自分の肌に合った石鹸を使うのが良いですね。

 

いくら環境に良いと言っても、使い心地が悪かったら嫌ですよね。

無添加なので添加物が入っていないという意味では、有害成分からの危険性はありません。

植物系油が入った石鹸など、オーガニック系の石鹸もオススメです。

 

では、口コミについて見ていきましょう!

 

スポンサーリンク

シャボン玉石鹸の口コミについて

さまざまな口コミを紹介していきます!

 

良いと感じる人も、イマイチと感じる人も感じ方はさまざまです。

シャボン玉石けんにもメリットデメリットがあります。

それぞれを上手く工夫しながら使うのがポイントです。

 

臭い

臭いが気になる人も多いです。

使用時は気になるようですが、すすぐと全然気にならず良いという人もいます。

汚れ

汚れの具合にもよりますが、落ちにくいとの声もあります。

頑固な汚れがあるものには、必要に応じて他の洗剤も使うなど対応しながら使うのがおすすめです。

 

次は、メリットやデメリットをまとめていきましょう!

 

スポンサーリンク

シャボン玉石鹸の違いやメリット・デメリット

シャボン玉石鹸と合成洗剤は、どのようなことが違うのでしょうか?

メリットやデメリットもまとめていきましょう!

 

シャボン玉石鹸と合成洗剤は同じ界面活性剤ですが、違いは成分です。

脂肪酸ナトリウム、脂肪酸カリウムが含まれるものは石鹸、それ以外は合成洗剤に分類されます。

また、成分の違いから石鹸は肌に優しい分、洗浄力が劣ります。

合成洗剤は洗浄力が強いですが、肌に影響を与える成分も少量ですが含まれます。

 

メリット

  • 敏感肌にやさしく小さな子供にも使える
  • 環境に良い
  • リーズナブル

デメリット

  • 独特の臭い
  • 乾燥肌には危険
  • 汚れが落ちにくく使用料が多くなる

 

同じ界面活性剤でも成分の違いから、全く違うものになってしまいます。

成分の違いと言ってもあまり違いが分からないですね。

実際の使い心地を見てみると、洗浄力の違いなど分かりやすいのではないでしょうか?

 

敏感肌にやさしく小さな子供にも使えるなど、メリットもたくさんあります。

ただ良い事だけではありません。

肌への影響を減らした分、汚れが落ちにくいなどのデメリットも出てしまっています。

メリットデメリットを考え、自分に合ったものを選ぶのがポイントです。

 

まとめ

シャボン玉石鹸は、敏感肌にやさしく小さな子供にも使えるなど、メリットもたくさんあります。

一方で、汚れが落ちにくいなどのデメリットもあります。

 

買ってはいけないと言われている原因には、独特の臭いが臭い事や汚れが落ちにくい事、乾燥しやすい事があります。

また広告の仕方など、他社を悪者扱いする企業戦略に疑問を持つ人も多いです。

危険と言われる理由は、乾燥肌を悪化させる可能性があるという事で、有害成分が入っているからというわけではありません。

 

口コミではシャボン玉石鹸を良いと感じる人も、イマイチと感じる人もいます。

シャボン玉石けんにもメリットデメリットがあるので、それぞれを上手く工夫しながら使うのがポイントです。