雑学

縮毛矯正後はいつから結んでいい?結び跡に関する注意点や結び方について!

縮毛矯正後に結ぶのは、いつからが良いのか知っていますか?

最低でも2日後、出来れば1週間ほど結ばない方が良いです。

 

どうしても結ばなくてはいけない場合は、跡がつかないようふんわり結ぶようにしましょう。

 

この記事では、縮毛矯正後はいつから結ぶのが可能なのか、結び跡に関する注意点や結び方について紹介していきます!

 

縮毛矯正後はいつから結んでいい?結ばない期間について

くせ毛の人にとっては無くてはならない存在でもある縮毛矯正ですが、縮毛矯正後はいつから髪を結ぶのが可能なのでしょうか?

ヘアスタイルを楽しむにも、結んでも良いのか気になりますよね。

結ぶのはいつから可能なのか、結ばない期間についても紹介していきます!

 

縮毛矯正後に結ぶなら、最低でも2日後が良いです。

薬剤で結合を切断し、再び結合することで髪の毛が整うので、施術後すぐに結んでしまうとせっかくクセが伸びているのに跡が残ってしまいます。

 

縮毛矯正後は薬剤で髪の毛の結合を切断し熱を加えて整え、再び結合することでくせ毛を伸ばす仕組みです。

そのため、施術後再び結合しているタイミングで結んでしまうと、せっかくくせ毛を伸ばしているのに跡が残ってしまいます。

そのため最低でも2日間、出来れば1週間ほど結ばない方が跡も付きづらくておすすめですよ。

 

次は、結び跡がつきにくくする方法を見ていきましょう!

 

縮毛矯正後に結び跡がつきにくくするには?注意点を解説!

縮毛矯正後はどうしても、結び跡がついてしまうのが気になりますよね。

結び跡をつきにくくするには、どうしたら良いのでしょうか?

注意点も見ていきましょう!

 

結び跡をつきにくくするには、1週間ほど経った頃から結ぶのが良いとされています。

ただ、それでも跡がつくことがあるので、太めのゴムやふんわりと結ぶのが良いですよ。

  • 跡が付くほどきつく結ばない
  • 濡れたままで結ばない
  • 同じ位置で結ばない

 

再度結合が安定してくると言われているのが、1週間ほど経ってからと言われています。

少しでも跡をつきにくくするため、ふんわりと結ぶようにしましょう。

 

また、乾かさず濡れたままや同じ位置で結ぶのにも注意です。

跡がつきやすい行為は、縮毛矯正後すぐは控えるようにしましょう。

 

次は、縮毛矯正後の結び方について見ていきましょう!

 

縮毛矯正後の結び方について

仕事などでどうしても結ばなくてはいけない場面もありますよね。

縮毛矯正後の結び方についても紹介していきます!

 

縮毛矯正後の結び方で良いのは、ふんわりとまとめるだけやくるりんぱです。

また、スパイラルゴムやシュシュなど跡が付きにくいヘアゴムや、トリートメントを使ってから結ぶなど対策するのが良いですよ。

 

縮毛矯正後は跡がつかないようきつく結ばない、ふんわりとまとめるだけの結び方をするのが良いです。

ただヘアアレンジを楽しみたい場合は、くるりんぱもふんわりと結べるのでおすすめですよ。

 

結ぶ場合は、スパイラルゴムやシュシュなど跡が付きにくいヘアゴムを使うのが良いです。

またトリートメントを使ってから結んだり、跡がつかないようこまめにヘアゴムを取るようにしましょう。

 

では、縮毛矯正後のヘアケアについて見ていきましょう!

 

縮毛矯正後のヘアケアについて

縮毛矯正後は髪質を安定させるため、ヘアケアがとても重要です。

ここでは、縮毛矯正後のヘアケアについて紹介していきます!

 

縮毛矯正後24時間は、シャンプーをするのは控えましょう。

またその後のシャンプーは、弱酸性やアミノ酸系のシャンプーを使うのが良いです。

トリートメントも、縮毛矯正後のヘアケアにピッタリです。

 

縮毛矯正後は髪が不安定なので、24時間はシャンプーしていけないことが多いです。

またアルカリ性の薬剤を使っている事から、その後は肌にも優しい弱酸性やアミノ酸系のシャンプーを使うのが良いですよ。

洗浄力が高いものだと縮毛矯正でダメージを受けた髪に、よりダメージを与えてしまう恐れがあるので気を付けてください。

また弱酸性やアミノ酸系のシャンプーは、乾燥肌や敏感肌の人にもおすすめです。

 

そして縮毛矯正後はダメージを受けているので、トリートメントを使うようにしましょう。

洗い流すトリートメント、洗い流さないトリートメントの両方を使うのがおすすめです。

トリートメントを使うと元に戻り取れやすいとの噂もありますが、ダメージも受けているのでトリートメントを使った方が良いですよ。

気になる人は、美容師さんに相談してみてください。

 

まとめ

縮毛矯正後に結ぶ場合最低でも2日後、可能なら1週間ほど経ってからが良いです。

薬剤で結合を切断し、再び結合することで髪の毛が整うので、施術後すぐに結んでしまうと跡が残ってしまいます。

どうしても結ばなくてはいけない場合は、ふんわりと結びましょう。

また濡れたままで結ばない、同じ位置で結ばないなど対策しましょう。

 

結び方で良いのは、ふんわりとまとめるだけやくるりんぱです。

また跡が付きにくいヘアゴムや、トリートメントを使ってから結ぶなど対策するのが良いですよ。

縮毛矯正後のヘアケアとして、シャンプーは弱酸性やアミノ酸系のシャンプーやトリートメントも使うのがオススメです。