ガジェット

bluetoothのスピーカーが勝手にペアリングされる!?接続されたらどうする?

スポンサーリンク

bluetoothのスピーカーが勝手にペアリングされる!

便利に音楽を楽しむことができ人気のbluetoothスピーカー。

一方でbluetoothが知らないデバイスに接続されるなど、問題も多発しています。

 

防ぐには、電源を切ること。

対処法は、場所を置き変えること。

などが挙げられます。

 

この記事では、bluetoothのスピーカーが勝手にペアリングされるのを防ぐ方法や対処法などを、詳しく紹介していきます!

 

スポンサーリンク

bluetoothのスピーカーが勝手にペアリングされることもある?

便利に音楽を楽しめるbluetoothスピーカー。

ケーブル無しで便利ですが、勝手にペアリングされることもあるのでしょうか?

見ていきましょう!

 

bluetoothのスピーカーが、勝手にペアリングされることはあります。

 

Bluetoothは無線通信のことで、ケーブルなどを接続する必要が無く便利です。

今では多くの人が、イヤホンやスピーカーなど、Bluetoothを使用しています。

しかしその一方で、bluetoothスピーカーが勝手にペアリングされることが!

 

勝手に違う曲が流れたり、急に曲が流れる心霊現象ではありません。

でも、同じような恐怖心に襲われますよね。

 

Wi-Fiとは違い、bluetooth は1対1を目的としていて、通信できる距離は狭いです。

とは言っても、10m以内に入れば、bluetoothスピーカーを勝手にペアリングすることが出来てしまうのです。

bluetoothスピーカーを勝手にペアリングされ、個人情報が奪われることはありませんが、知らない人と繋がっているというのは怖いですよね。

 

bluetoothスピーカーを勝手にペアリングする目的は?

bluetoothスピーカーを勝手にペアリングする目的は、嫌がらせ

狭い範囲でしか通信できませんが、マンションやアパートとなると勝手にペアリングすることが出来てしまいます。

 

トラブルなどが起こってしまうのも、近所ですよね。

少し嫌がらせしてやろうという気持ちから、bluetoothスピーカーを勝手にペアリングするのです。

ただ、たまたま場所が悪く、知らない間にペアリングしてしまっていたという場合もあるので、嫌がらせとすぐに決めつけるのは良くないですね。

 

では、bluetoothスピーカーを勝手にペアリングされるのを防ぐことは出来るのでしょうか。

勝手に接続されたら気持ち悪いですよね。

bluetoothが知らないデバイスに接続されるのを防ぐ方法を、見ていきましょう!

 

スポンサーリンク

bluetoothが知らないデバイスに接続済みになるのを防ぐには?

知らない人と繋がっているというのは、怖いですよね。

bluetoothが知らないデバイスに接続済みになるのを防ぐ方法を紹介していきます!

 

bluetoothが知らないデバイスに接続済みになるのを防ぐには、

  • 使っている時以外は電源を切る
  • ロックのついているBluetoothスピーカーを購入する

それぞれ詳しく説明しますね。

 

使っている時以外は電源を切る

まずは、接続済みになる隙を与えないという事!

Bluetoothスピーカーの電源をオンのままにしておくと、使っていない時に接続されてしまいます。

また、スマートフォンのBluetoothをオフにしておくことでも、知らない間に接続されることを防げます。

少しでもbluetoothが知らないデバイスに接続済みになる可能性を低くするためにも、使っている時以外は電源を切りましょう。

 

ロックのついているBluetoothスピーカーを購入する

Bluetoothスピーカーには、パスコードが必要なものもあります。

これにより、bluetoothが知らないデバイスに接続済みになるのを防ぐことが出来ます。

ロックがついているBluetoothスピーカーなら安心ですよね。

 

他人から接続されるという事は、自分も知らない間に接続してしまっている場合もあるという事です。

知らない間に接続してしまっていても、相手は不快な思いをしてしまいます。

自分が接続してしまう事も気を付けなくてはいけないですね。

 

ではもし、bluetoothが他人に接続されてしまったら、どうしたら良いのでしょうか?

一度接続されてしまったら怖くて使えないですよね。

なにか方法があるのか見ていきましょう!

 

スポンサーリンク

bluetoothが他人に接続されてしまったら?

他人に接続されるというのは、気持ち悪いですよね。

bluetoothが他人に接続されてしまった時の対処法を紹介していきます!

 

bluetoothが他人に接続されてしまった時の対処法は、

  • 場所を置き変える
  • デバイスの登録を解除

それぞれ詳しく説明しますね。

 

場所を置き変える

Bluetoothスピーカーの接続範囲は、10m以内です。

この範囲に入らないように場所を変えることで、bluetoothが他人に接続されることから防ぐことが出来ます。

一度bluetoothが他人に接続されてしまったら、まず場所を変えるのが良いですね。

 

これで接続されることが無くなったら、通信範囲から外れたということになります。

相手も悪気があって通信していたわけではない時もあります。

場所を置き変えることで、bluetoothが他人に接続されてしまう事が無くなるのが1番ですね。

 

デバイスの登録を解除

iphoneでは、一度bluetoothが他人に接続されてしまうと、その情報が登録されてしまいます。

次からは自動でbluetoothは接続されます。

デバイスの登録を解除することで、自動でbluetoothが接続されることを防ぐことが出来ます。

 

登録を解除する方法を紹介していきます!

  1. Iphoneの設定からBluetoothを開きます。
  2. イヤホンの接続の横にあるiをタップすると、デバイスの登録を解除と出てきます。
  3. デバイスの登録を解除で、登録を解除することが出来ます。

 

勝手にbluetoothが他人に接続されてしまう事を防げるのならやっておきたいですね。

一度接続されると自動で接続されるのは、とても便利ですよね。

しかし、他人となると怖いので気を付けましょう。

 

スポンサーリンク

まとめ

Bluetoothは無線通信のことで、ケーブルなどを接続する必要がありません。

そのため、便利に音楽を楽しむことができ、人気となっています。

しかし一方で、bluetoothのスピーカーが、勝手にペアリングされることがあります。

 

bluetoothが知らないデバイスに接続済みになるのを防ぐには、使っている時以外は電源を切ること。

他にも、ロックのついているBluetoothスピーカーを購入するなど、対策するのが良いです。

bluetoothが他人に接続されてしまった時の対処法は、場所を置き変える、デバイスの登録を解除すること。

 

便利な物には危険なことも潜んでいます。

さまざまな対策で、勝手にペアリングされることを防ぎましょう!