雑学

ヒメツルソバを植えてはいけない理由とは?毒性や駆除方法など解説!

スポンサーリンク

ヒメツルソバを植えてはいけない理由は、繫殖力が強い事、生命力が強い事です。

また、地下茎によってどんどん伸びてしまうので、駆除するには土を掘り起こす必要があります。

 

初心者でも簡単に育てられますが、いくつか気を付けないといけないこともあります。

 

ヒメツルソバを植えてはいけない理由、毒性や駆除方法なども紹介していきます!

 

スポンサーリンク

ヒメツルソバを植えてはいけない理由とは?

グランドカバーとしても人気のヒメツルソバは、なぜ植えてはいけないのでしょうか?

可愛らしい花をつけるヒメツルソバの、植えてはいけない理由を見ていきましょう!

 

植えてはいけない理由

  • 繫殖力が強い
  • 生命力が強い
  • 駆除が困難

 

繫殖力が強い

ヒメツルソバは、茎をどんどん伸ばして繫殖していくのが特徴です。

そのためグランドカバーとしても人気ですが、繫殖力が強いので注意が必要です。

広い範囲で植えるのは良いですが、狭い範囲で植えたい人は植えるのを控えた方が良いです。

どのくらい植えられる場所があるかで考えるのが良いですよ。

 

生命力が強い

生命力が強い事から、初心者でも簡単に育てられます。

しかし生命力が強すぎて、周りに植えている他の植物にも被害が出てしまいます。

またコンクリートの隙間など、あらゆるところに成長していってしまいます。

放置しておいてもどんどん育っていくので簡単に育てられますが、生命力の強さに気を付けましょう。

 

駆除が困難

ヒメツルソバは、地上に生えている部分だけ抜いても、地下茎が残っているとまた育ってきます。

地上部分が枯れても、地下茎が枯れない限りどんどん成長していきます。

そのため、土を掘り起こすなど駆除するのがとても大変で困難です。

 

次は、ヒメツルソバに毒性はあるのか見ていきましょう。

 

スポンサーリンク

ヒメツルソバの毒性とは?

ヒメツルソバの毒性とは、どのようなものなのでしょうか?

毒性についても見ていきましょう!

 

ヒメツルソバの毒性は確認されていません。

しかし、ヒメツルソバと同じタデ科の植物に毒性があるものがあります。

 

ヒメツルソバに毒はありません。

同じタデ科の植物に毒があるものがある事から、毒があるのではと思われたようです。

同じ種類に毒があると心配になりますよね。

毒があるのではと心配になり、植えるのを控えている人も多いです。

 

除去が大変なヒメツルソバの駆除方法を見ていきましょう!

 

スポンサーリンク

ヒメツルソバの駆除方法を紹介!

ヒメツルソバは一見枯れたように見えても、地下茎で成長し続けています。

そんな駆除が大変なヒメツルソバの駆除方法を紹介していきます!

 

ヒメツルソバを駆除するには、地上部分だけでなく地下茎も掘り起こすように引っこ抜きます。

土の中に広がる地下茎も抜かないと、また成長してしまいます。

 

土の中に広がる地下茎も抜かないといけないので、ヒメツルソバを駆除するのはとても大変です。

抜いた後に除草剤をまくと、より完全に駆除することが出来ます。

ただ、周りに他の植物があるとその他の植物にも被害が出てしまうので、除草剤を使うのは控えた方が良いですよ。

また、ヒメツルソバを駆除した後に、グラウンドカバーとして使える他の植物を植えるのも良い方法です。

 

駆除するのは、茎だけの状態になる冬がオススメです。

他の植物も冬に枯れてしまうものが多いので、ヒメツルソバの地下茎がわかりやすく抜きやすいです。

また、暖かくなるとまた新たな芽が成長してくるので、増やしたくないなら伸びる前に抜きましょう。

 

次は、可愛らしい花をつけるヒメツルソバの花言葉を見ていきましょう。

 

スポンサーリンク

ヒメツルソバの花言葉とは?

ヒメツルソバは金平糖のような可愛らしい花が咲き人気となっていますが、どんな花言葉が付いているのでしょうか?

ヒメツルソバの花言葉を紹介していきます!

 

花言葉は愛らしい、気が利く、思いがけない出会いです。

金平糖のような可愛らしい見た目から、このような花言葉がつきました。

 

ピンク色や白色の可愛らしい見た目から、愛らしいという花言葉が付きました。

見た目と花言葉がピッタリですよね。

また、ヒメツルソバは秋になると葉が紅葉することから、思いがけない出会いや気が利くという花言葉が付いたとされています。

見た目と花言葉の関連性を知ると、面白いと感じませんか。

 

まとめ

植えてはいけない理由には、繫殖力が強い事、生命力が強い事があげられます。

また、地上部分だけでなく地下茎も掘り起こすように駆除する必要があり、駆除するのが困難です。

抜いた後は、違う植物を植えるか、除草剤をまくなど、そのまま放置せず対策するのがオススメです。

 

ヒメツルソバの毒性は確認されていません。

しかし、ヒメツルソバと同じタデ科の植物に毒性があるものがあります。

 

花言葉は愛らしい、気が利く、思いがけない出会いです。

金平糖のような可愛らしい見た目、葉が紅葉することから、このような花言葉がつきました。

ヒメツルソバは、グランドカバーとしても人気ですが、増えすぎないように気を付けましょう!