雑学

インスタのログイン画面がうざい!回避する方法や消し方はある?

スポンサーリンク

インスタを閲覧していると、一定時間すると急にログイン画面が出てきますよね。

あれ、正直うざい…と思いませんか汗

消す方法が知りたいところですが、どうやら基本的には、

  • インスタにログインする
  • インスタアカウントを登録する

以外に消せないみたいです。

前は検索ブラウザから、気軽に何枚も投稿見れてた気がするんですが…。

そこで今回は、登録せずに見る方法がないか、ログインのポップアップ画面の消し方等を紹介していきます。

 

スポンサーリンク

インスタのログイン画面がうざい!どんな時に出るの?

そもそもインスタの、あのうざいログイン画面はどんなときに出るのでしょうか?

ネット検索からインスタの投稿に行きついて、しばらく見ていると出てくるイメージですよね。

 

実は、投稿一覧画面をスクロールして、過去の投稿を見ようとすると、しばらくしてポップアップ画面が出る仕組みなんです。

ネット検索からクリックした投稿を見るだけなら、出てこないんですね!

そうは言っても、友達や好きな芸能人の投稿。

他の過去の投稿も見たくなるのが普通ですよね…。

 

どうにかして、ログイン画面を出なくする方法はないものでしょうか?

 

スポンサーリンク

インスタのログイン画面が出るのを回避する方法はある?

インスタを見ていてログイン画面が出るのは、スクロールで過去投稿を見ようとするとき、というのは先ほども書きました。

なんとかログイン画面が出てくるのを回避はできないものでしょうか?

 

調べてみたことろ、ログイン画面が出るのを阻止する方法は、現状ありません。

前は登録しなくても検索画面から投稿が見れていたというのに…。

せめて、ポップアップを消す×ボタンがあってもいいと思うんですが…。

 

しかし裏ワザとして、一覧ページから画像を選択して画像の右側に表示される矢印をクリックし続ければ、あのログイン画面は表示されないらしいのです!

ただ、一枚一枚矢印で送っていくので投稿数が多い人の、お目当ての投稿に行くまでがちょっと面倒ではありますね…。

どーーーしてもインスタに登録したくない!という人は、試してみてくださいね。

 

スポンサーリンク

インスタのログイン画面を消す方法はある?見れない場合の対処法は!

なんとかインスタのログイン画面を消す方法は、ないものでしょうか?

しかし現状、

  • インスタのアカウントを作成する
  • インスタにログインする

以上の2通りしか消す方法はないと思われます。

 

ブラウザの更新ボタンを押すと、一旦はトップ画面に戻りログイン画面は消えますが、またスクロールして過去投稿を見ようとするとポップアップが出現してしまいます。

 

もう、インスタをよく見る人は「見る専用アカウント」を作ってしまった方が早いですね…。

私も、ログイン画面のうざさに耐えかねて見る専用アカウントを作ってしまった一人です。

アカウントを作成してしまった後は、アプリを使えばスムーズにたくさんの投稿が見れます。

お目当ての友達や芸能人を検索するのも、ラクラクです。

 

面倒でない人は、アカウントを作成してしまった方が早いかもしれません!

 

スポンサーリンク

インスタでログインしないで見る方法は?足跡はバレる?

インスタにログインしないで見る方法は、アカウント作成以外に現状存在しないということは先ほど書きました。

では、アカウントを作成してみた場合、足跡でバレるのか?気になりますよね。

結論から言うと、インスタには足跡という機能はないのでバレません。

ですが、あなたが見たことがバレる行為がいくつかあります。

  1. アカウントをフォローする
  2. DMを見る
  3. ライブ配信を見る
  4. ストーリーを見る
  5. ハイライトを見る
  6. いいね、コメントをする
  7. タグ付け

 

以上のことをすると、相手に通知が行き、わかるようになっています。

 

なんとなく想像の付く行動ばかりですよね。(フォローとかタグ付けとか…)

 

相手に内緒で投稿を見たいときは、これらのことに気を付けてみてくださいね!

 

まとめ

さて、今回はインスタを見てるときに出る、うざいログイン画面について解説しました。

 

まとめると…

・インスタのログイン画面を消す方法は現状なし
・ログインするか、アカウント作成するか2通りしか消す方法はない
・「見る専用アカウント」を作成するのも手
・特定の行為をすると、閲覧が相手に伝わる

以上になります!

 

インスタはいろいろな人の投稿が見れて楽しいですよね。

紹介した方法を試してみて、インスタを楽しんでくださいね!