雑学

ノイズキャンセリングに危険性はある?仕組みや気になる疑問を解決!

スポンサーリンク

ノイズキャンセリングに危険性はなく、ヘッドホン難聴を防ぐためにおすすめです。

音楽のみが聞こえるのは、騒音と同じような波を逆から出すことによって、騒音を打ち消す仕組みです。

この微量な振動により、気持ち悪くなる人、疲れる人もいます。

 

ノイズキャンセリングに危険性はあるのか、仕組みや気になる疑問を解決していきましょう!

 

スポンサーリンク

ノイズキャンセリングに危険性はある?気持ち悪くなる?

音楽を聴いているのに、周りの音が聞こえてきたら嫌ですよね。

周りの音を遮断してくれるノイズキャンセリングですが、危険性はあるのでしょうか?

気持ち悪くならないかも見ていきましょう!

 

結論から言うと、ノイズキャンセリングに危険性はなく、むしろヘッドホン難聴を防ぐためにおすすめです。

ただ、気持ち悪くなる人もいます。

 

初めて使うもの、あまり聞かないものだと危険に感じますよね。

またイヤホンとなると耳が聞こえなくなったりするのではと、不安に感じますよね。

でも周りの音を遮断し、音楽を聴きやすくすることが出来るノイズキャンセリングに危険性はありません。

 

便利な機能ですが、一部の人には合わず気持ち悪くなることがあります。

合わない人は気持ち悪くなったり、ふわっとした感覚になります。

それは、低周波数によって起こっているとされています。

それぞれの信号を送るのに微量な振動をしており、この振動を不快に感じる人がいます。

 

ヘッドホン難聴を防ぐためにおすすめ

工事の機械音やコンサートの音楽など、大きな音を聞き続ける事によって起こるのがヘッドホン難聴です。

元々は工場や工事現場など、日ごろから騒音の現場で働く人に起こっていた症状です。

しかし、現在はヘッドホンなどの普及により、多くの人が発症しており注意喚起されています。

 

ヘッドホン難聴の原因は、大きな音を聞き続ける事です。

ヘッドホンなどを付ける際、騒音などが邪魔で多くの人が気づかないうちに音量を上げています。

また長時間聴くことで耳に負担がかかり、ヘッドホン難聴となってしまいます。

一方でノイズキャンセリングにより、音量を上げる必要が無く、耳への負担も軽減出来るのです。

 

気持ち悪くなる人もいる機能ですが、耳に悪いのでしょうか?

疲れるのかなども見ていきましょう!

 

スポンサーリンク

ノイズキャンセリングは耳に悪い?疲れるの?

体調が悪くなる人も多いですが、耳に悪いのでしょうか?

疲れるのかも見ていきましょう!

 

まず、耳に悪いという事はありません。

ただ長時間聴き続けると疲れるという人もいます。

 

多くの人が周りの音を打ち消すように、音楽の音量を上げています。

この行為が耳には悪影響です。

しかし、ノイズキャンセリングによって音楽の音量を上げる必要がなくなります。

そのため、耳への負担を軽減してくれるので、耳に悪いということはありません。

 

ただ、長時間聴き続ける事で、疲れるという人も多いです。

雑音を消すために微量な振動が発生しています。

音としては聞こえていないけど、それが不快に感じることもあるのです。

程よく休憩しながら、聴くのが良いですよ。

 

ところで、ノイズキャンセリングの仕組みはどのようになっているのでしょうか?

 

スポンサーリンク

ノイズキャンセリングの仕組みについて

周りの雑音が消される仕組みについて紹介していきます!

 

音というのは微量な振動、波によって耳に届きます。

ノイズキャンセリングは騒音と同じような波を逆から出すことによって、騒音を打ち消す仕組みです。

 

音が聞こえなくなるというのは不思議ですよね。

周りの音を聞き取り騒音の振動を逆からも出すことで打ち消し、音楽のみを聴くことが出来ます。

ノイズキャンセリング機能を持つものは、音楽の波と騒音を打ち消す波が出されているという事です。

騒音の波は打ち消され、音楽のみ聞こえるという仕組みは凄いですよね。

 

スポンサーリンク

ノイズキャンセリングイヤホンのおすすめは?

どのようなものがおすすめなのか、紹介していきます!

 

ネックバンド型

amazonで人気のこちらのネックバンド型ノイズキャンセリングイヤホン

ネックバンド型で、使わない時も磁石で胸元に着けておくことができ、なくしません。

周りの音を聞くモードやハンズフリー通話も可能なので、ずっと付けたまま居られます。

何度も外すのは面倒なので、便利ですよね。

 

ワイヤレスイヤホン

amazonで売っているこちらのワイヤレスイヤホン

モバイルバッテリーとしても使え、残量も表示されているので一目でわかります。

シリコンストラップも付けられるので、スポーツ時にも便利です。

左右分離型で、片耳でも両耳でも楽しめます。

 

軽量ワイヤレスイヤホン

amazonで見かけたこちらの超軽量ワイヤレスイヤホン

片耳わずか約3.7gで、フィット感も抜群です。

HiFi高音質で、騒音に邪魔されることなく音楽を楽しめます。

防水なので急な雨にも安心ですよ。

 

まとめ

ノイズキャンセリングに危険性はなく、耳に悪いという事はありません。

ただ、気持ち悪くなる人、長時間聴き続けると疲れるという人もいます。

ノイズキャンセリングは騒音と同じような波を逆から出すことによって、騒音を打ち消す仕組みです。

 

工事の機械音やコンサートなどの音楽など、大きな音を聞き続ける事によって起こるのがヘッドホン難聴です。

元々は工場や工事現場など、日ごろから騒音の現場で働く人に起こっていた症状です。

しかし、現在はヘッドホンなどの普及により、多くの人が発症しており注意喚起されています。

ノイズキャンセリング機能により、音量を上げる必要が無く耳の負担が減るため、ヘッドホン難聴を防ぐためにおすすめです。