食べ物

パルスイートのデメリットとメリットは?危険性や怖いと言われる理由について!

日本でも禁煙する人が増えたり、ダイエットする人が増えたりと、だんだん健康志向が高まりつつあり、そんな中で健康維持や体系維持にも欠かせない糖質制限。

なかなか簡単にできるものでは無いので、カロリーカットができる甘味料が最近ではたくさん売られていますよね。

 

その甘味料で比較的手に入りやすいパルスイートですが、人工的で体に悪いという噂を聞いたことはありませんか?

そんな噂のあるパルスイートですが、パルスイートは世界中で安全性が認められており、たくさんの方に使用されている安心の甘味料なんです。

 

そんな万能甘味料のパルスイートですが、やはり摂取のし過ぎなどによる健康被害も存在し、デメリットも存在します。

パルスイートのメリットやデメリット、パルスイート以外の甘味料などもご紹介していこうと思います。

 

パルスイートのデメリットとメリットとは?

ダイエット中の人や、健康に気を使っている人は、パルスイートなどの食品に手を伸ばす方も多いのではないでしょうか?

手軽にカロリーカットできそうなパルスイートですが、やはりメリットとデメリットが存在します。

デメリットだけでなくメリットも少しお話していければと思います。

 

パルスイートを使用するデメリット

パルスイートには、次のようなデメリットが存在します。

  • 過食(太る)危険性
  • 消化不良
  • 下痢
  • 糖尿病リスク
  • うつ病リスク

 

パルスイートでカロリーカットができるのは事実ですが、血糖値が上がらない事から低血糖状態に陥りやすくなります。

そこで体がエネルギーを必要だと判断し、それが食欲へと反映してしまい、過食へつながってしまうのです。

カロリーを抑えることができても、食べる量が増えてしまっては、全く意味がありませんね。

 

ほかにも糖尿病や、うつ病のリスクを高めるとも言われており、多量に摂取することにより、消化不良や下痢になってしまう方もいるようです。

ただ、これらも過剰摂取の場合に起こりうるかもしれないと言われていますので、摂取のし過ぎには注意したいところです。

ですが、もともと糖尿病の方や糖尿病のリスクがある人は、必ずお医者様に相談してからの使用にしましょう。

 

パルスイートを使用するメリット

パルスイートを使用するにあたって、メリットは多数存在し何より大きなメリットはカロリーカットができるところではないでしょうか。

他にもこんなメリットがあります。

  • カロリーカット
  • 虫歯になりにくい
  • 血糖値に影響しない

 

パルスイートは、糖からできておらずアミノ酸由来の成分からできているため虫歯に影響しません。

甘い物を食べたり飲んだりしたいときに、とてもうれしいメリットですよね。

 

そして、アミノ酸由来の成分から作られている事から血糖値にもほとんど影響しません。

血糖値は糖類等を摂取すると上昇しますが、アミノ酸由来の成分からできているので血糖値にはほとんど影響がないのですね。

糖類制限されている方でも摂取しやすいのも、オススメポイントです。

 

パルスイートの危険性とは?体に悪い・怖いと言われる理由は?

日常的に手に入りやすいパルスイートですが、危険性があると聞いたことのある方もいるのではないでしょうか。

 

パルスイートは、世界的に安全が認められている食品で100か国以上で使用されている食品です。

なので、パルスイート自体が危険だというわけではありませんが、何事も摂りすぎはよくありませんし、摂りすぎることによってのリスクがあることは事実です。

 

パルスイートには糖尿病やうつ病リスクが高まると言われている他に、神経毒と言われる成分が含まれています。

 

アスパルテームという成分がパルスイートの主成分になっています。

このアスパルテームという成分は、神経細胞を興奮化させたり不眠・うつ病・気分障害などを引き起こします。

他にも視力低下や失明・発がん・肝機能障害・腎機能障害・脳障害などを引き起こす危険性が最近では注目されています。

 

パルスイートから摂取される量は微々たるものかもしれませんが、長期間摂取することによってその可能性は否定できません。

 

ですが、世界各国で認証され使用されているうえに、添加物などにも厳しい日本でもパルスイートは認められています。

これらの障害等も過剰摂取や長期間摂取などによって引き起こされると考えられているので、パルスイートを使用する際には量や期間などに気を付けながら使用すればいいのかもしれません。

 

パルスイートは糖質制限中に摂取しても良い?

パルスイートは、公式ホームページにて糖質制限中の方でも摂取が可能だと公開されていますので、摂取自体は可能です。

 

パルスイートは砂糖の3倍の甘さなので少量で同等の甘さを感じることができます。

そして、アミノ酸由来の成分から作られているため血糖値にも影響しにくく、それらが理由でカロリーカットや糖質の制限が可能となります。

 

一見ダイエットや糖質制限には、もってこいの食品だと思います。

ですが、パルスイートには賛否両論があるのも事実で、パルスイートを勧めているお医者様もいればあまりお勧めしていないお医者様もいるようです。

世界的に使用されている甘味料ではありますが、健康被害が出ているのもこれまた事実です。

 

糖質制限中のパルスイートの摂取は可能ですし、糖質制限にもなるかもしれませんが、ダイエットなどあまり極端な糖質制限はパルスイート関係なく体にいいものではありません。

パルスイートも自分に合うよう使用しながら、健康的に糖質制限を行うのが一番いいかもしれませんね。

 

パルスイートやそれ以外の甘味料オススメは?

パルスイートはわりと安価で、どこでも気軽に手に入れることができる甘味料です。

パルスイート以外にも糖質制限やダイエット、治療などを目的とした甘味料は多数存在します。

パルスイート以外の甘味料を少しご紹介しますね。

 

ラカント

まずお勧めしたいのがラカントです。

パルスイートは”人工甘味料”ですが、ラカントは”自然派甘味料”で自然由来の成分からできています。

ラカントは、スーパーや薬局で見かけたことのある人も多いのではないでしょうか?

そのくらい身近に手に入る食品となっています。

 

自然派なため安心して摂取することができる上、砂糖と同じ甘さなので別途計量したりする手間がいりません。

 

ですが、自然派な甘味料な為少し高価なところだけがデメリットですかね。

 

ラカンカ

こちらも植物由来100%の甘味料なため、安心して摂取することが可能です。

カロリーも糖類もゼロなため、糖質制限中の方などにオススメです。

また、こちらも砂糖と同じ甘さなので別途計量や計算が必要なく使いやすいですね。

 

エリスリトール

エリスリトールはとうもろこしを主成分とした甘味料で、甘さが砂糖の75%ほどとさっぱりした甘さが特徴です。

砂糖の代わりに料理などにも使えますが、甘くなりすぎません。

 

カロリーはゼロなので、甘みもすっきりさせたい方にはオススメですね。

割と安価で手に入るのも、お試ししやすいポイントでしょう。

 

まとめ

だんだんと健康志向が高まっているからか、ダイエットや健康管理で糖質制限を考える人は増えてきています。

甘味料を変えるのは日常的に取り入れやすいですし、好きなものを我慢しなくていいのは最大のメリットですよね。

 

人工的なものを取り入れるということは、やはりメリットだけではなくデメリットが存在するのも事実ですね。

デメリットが気になる中でも、パルスイートは世界的に認められておりたくさんの方が使用しています。

ですが、どれも過剰摂取やもともと健康リスクがある方に出やすいものとなっているため、自分の体の状態と相談しながらうまく摂取すると、害なくダイエットや糖質制限が可能かもしれません。

 

上手に生活の中に取り入れながら、ストレスなく健康を維持できるといいですね。