生活

Tシャツを縮ませるのに乾燥機・それ以外を使うポイント!素材も関係ある?

最近は女性でも男性のTシャツをリメイクして着たり、ショート丈のTシャツなどが流行っているのでお手軽に自分でリメイクしておしゃれを楽しみたいですよね。

そこで今回は、自分でできるTシャツの縮め方について紹介します。

 

Tシャツを縮ませる方法は大まかに3つあります。それが

  • 乾燥機を使う方法
  • お湯に漬け込む方法
  • アイロンを使う方法

 

です。

 

乾燥機はお家の場合とコインランドリーの場合がありますが、お家の乾燥機とコインランドリーの乾燥機の違いは、中の温度の上がり方です。

お家の乾燥機の方はゆっくり温度が上がるので、小まめに確認すると失敗しにくいです。

お家の乾燥機とコインランドリーの乾燥機の違いをよく理解して上手く利用しましょう。

 

また、Tシャツを縮ませるのに適した素材とそうでないものがあるので、Tシャツの表記はよく読むようにしてください。

 

プリントTシャツを縮めることは可能ですが、ここでもTシャツの素材なのが重要になってくるので気をつけるようにしてください。

 

それでは詳しくご紹介していきます。

 

Tシャツを縮ませる方法!乾燥機の場合は?

Tシャツを乾燥機で縮ませる方法を紹介します。

この方法はお家でもコインランドリーでも同じです。

【Tシャツを乾燥機で縮ませる方法】

  1. 縮めたいTシャツにたっぷり水を吸い込ませます。
  2. Tシャツにたっぷり水を吸い込ませたら半乾きくらいになるように絞ります。
    その際、洗濯機の脱水機能を使うと楽にできると思いますが、完全には脱水せずあくまで半乾きになるように注意してください。
    完全に脱水してしまうと綺麗に縮まなくなるので要注意です。
  3. 最後に乾燥機にしっかりかければ完成です。

 

乾燥機でTシャツを縮ませる際の注意点

Tシャツを乾燥機で縮める時、中の温度が重要になってきます。

中の温度高ければ高いほどTシャツはよく縮みますし、時間も短く済ませることができます。

 

ここで、一つ注意点があります。

乾燥機の中の温度が高すぎると、よく縮みますがその反面予定より縮みすぎてしまう可能性があります。

つい短い時間で縮ませたいからといって、高温になりすぎないようにしましょう。

 

自宅用とコインランドリーの乾燥機の違い

お家の乾燥機とコインランドリーの乾燥機の唯一の違いは、乾燥時間です。

コインランドリーに置いてある乾燥機は業務用乾燥機なので、その分中の温度が上がりやすく、短時間でTシャツを縮ませることができます。

 

逆に、お家にある乾燥機はコインランドリーの乾燥機に比べて時間はかかりますが、小まめに縮み具合を確認できるので、[絶対に失敗したくない] [時間に余裕がある]場合は、お家の方が失敗する確率は少ないでしょう。

 

スポンサーリンク

Tシャツを縮ませる方法!乾燥機以外のやり方は?

Tシャツを縮ませる方法で、乾燥機にかける以外のやり方は2つあります。

 

1つ目は、高温の熱湯に30分ほど漬け込む方法。

2つ目は、高温の熱湯に浸し脱水をした後アイロンをかけて乾燥させていく方法です。

 

1つ目も2つ目も、高温の熱湯を使うので火傷に注意です。

また、お湯は時間が経つと温度が下がっていくので小まめにお湯を変える必要があります。

 

Tシャツを縮ませるのに素材は関係ある?

Tシャツを縮ませるのに素材は関係あります。

 

特に縮みやすい素材は、

  • 綿(コットン)
  • アクリル素材のもの
  • レーヨン
  • ウール

 

などです。

これは、生地に水分を含みやすく縮みやすい素材なのでTシャツを縮ませるには最適です。

 

逆に、ポリエステルや混合素材(混紡素材)は縮みにくい素材です。

これらは、生地の中に水分を吸い込みにくく、速乾性なので縮みにくくなってます。

 

スポンサーリンク

プリントTシャツを縮ませることは可能?

プリントTシャツを縮ませることは、可能です。

ですが、プリントTシャツを縮ませるときはプリントされている部分が歪む可能性もあるので要注意です。

 

縮ませ方は、普通のTシャツと同じやり方です。

ですが、Tシャツの表記に後染めの表記やヴィンテージ風に加工されているものは、製作途中に乾燥機を使用されていることがほとんどなので、ほとんど縮みません。

大きく縮ませたい方は、よく表記を見てからが良いでしょう。

 

逆に、大きく縮んで欲しくない方は、後染め表記やヴィンテージ加工されているものを選ぶと縮み過ぎないので失敗しにくいです。

 

まとめ

Tシャツを縮ませる方法や、縮みやすい素材は何かなど紹介してきました。

 

Tシャツを縮ませるときは、まず最初にTシャツの表記を確認してからおこなうようにしてださい。

縮みやすいもの、そうでないものがあるので要注意です。

 

乾燥機では、縮ませ過ぎに注意です。

途中で何度も確認しながらおこなってください。

 

Tシャツは、生地に水を含ませることで素材を緩め、半乾きにすることで生地と生地の間に隙間作ります。

そこに、高温で乾燥させることで生地がキュッと締まりTシャツを縮ませることができるのです。

 

もし間違った方法でTシャツを縮ませようとすると、洗濯機や乾燥機の故障に繋がったりTシャツが変によれたりするので気をつけながらおこなってください。

Tシャツを自分好みに縮めてファッションを楽しみましょう。