食べ物

ししゃもは何歳から食べられる?離乳食にできるのか与える際の注意点も!

スポンサーリンク

ししゃもは何歳から食べられるのか知っていますか?

丸ごと食べられ人気ですが、小骨が多いですよね。

 

そのため、離乳食にあげるのは控えた方が良いです。

塩分や小骨が多い事から、歯が生え揃う3歳くらいから少しずつ様子を見ながら食べさせましょう。

 

ここでは、ししゃもは何歳から食べられるのか、注意点など詳しく紹介していきます!

 

スポンサーリンク

ししゃもは何歳から食べられる?

丸ごと食べられるししゃもは、手軽に魚が食べられて良いですよね。

小骨が多いですが、何歳から食べられるのでしょうか?

見ていきましょう!

 

1歳~1歳半ごろから身だけなら食べられますが、小骨などさまざま事に注意する必要があります。

丸ごと食べるのは3歳ごろからが良いとされています。

 

身だけなら離乳食完了してから食べられます。

ただ、小骨や塩分など注意が必要なので、なるべく控えた方が良いです。

丸ごと食べるのは、歯がしっかりと生え噛むことが出来るようになってからです。

小骨が怖いので、小さい子には与えない方が良いかもしれないですね。

 

では、ししゃもの塩抜きなら離乳食に出来るのか、卵は離乳食に出来るのか見ていきましょう!

 

スポンサーリンク

ししゃもの塩抜きや卵は離乳食にできる?

ししゃもは丸ごと食べることができ、大人にとっては手軽に食べられる魚ですよね。

子供にとってはどうなのでしょうか?

ししゃもの塩抜きや卵は離乳食に出来るのか見ていきましょう!

 

塩抜きしても完全に抜けるわけではないので、離乳食で与えるのは控えた方が良いです。

小骨が多い事や卵でアレルギーになる可能性がある事などから、離乳食完了してからの方が望ましいです。

歯が生え揃う3歳くらいから、少しずつあげるのがおすすめです。

 

子供に初めて与えるものは、とても不安ですよね。

ししゃもは手軽に食べられる魚で便利ですが、小さな子に食べさせるのは控えた方が良いです。

 

塩抜きしても少し残っている塩分は、小さな子にとっては多く感じてしまいます。

身だけなら1歳~1歳半ごろから食べられますが、量に気を付けましょう。

 

また、ししゃもの卵はアレルギーになる可能性が高いので、離乳食で与えるのは控えた方が良いです。

プチプチとした食感も小さな子にとっては危ないので、歯が生えそろってからにしましょう。

もし食べさせるのなら、病院が空いている時間に少量あげるのがおすすめです。

 

次は、食べさせる量や注意点を見ていきましょう!

 

スポンサーリンク

ししゃもを子供に与える際の量や注意点

小さな子にししゃもを食べさせる時、塩分や小骨が多い事が難点となっています。

どのくらいの量なら大丈夫なのか、注意点なども紹介していきます!

 

塩分が多いので、1日に食べる量は2~3本にしましょう。

注意点は

  • 塩分
  • アレルギー
  • 小骨
  • 食べるタイミング

 

塩分

ししゃもは塩分が多い事でも知られています。

小さい子にとってししゃもの塩分はとても高いので、塩抜きすると良いです。

10分程湯がいて塩抜きできます。

少しの工夫で安心して食べられるのなら良いですよね。

 

アレルギー

ししゃもの卵はアレルギーになりやすいので、注意しましょう。

またプチプチとした食感も、歯が生え揃う前の小さな子には危険です。

アレルギーの事も考え、3歳頃から少しずつ食べるのが良いです。

 

小骨

大人にとっては何の問題もありませんが、歯が生える前の子にとっては小骨も危険です。

1歳~1歳半までは綺麗に小骨をとり、3歳頃からは少しずつ小骨も食べる練習をしていくのが良いです。

手軽に食べられる魚として人気ですが、子供にあげるには大変ですね。

 

塩分が多い事やアレルギーになりやすい事などから、ししゃもは少しずつ食べるようにしましょう。

また、1日に食べる量は2~3本が良いです。

初めて食べさせるものは不安なので、どんな食材も少しずつ食べさせますよね。

 

食べるタイミング

アレルギー反応が起こるなど、もしものことがあった時のために病院に行けるタイミングで食べるのが良いです。

何かが起こった時、病院が閉まっていたらよりパニックになってしまいますよね。

少しでも安全に食べられるよう、対策しておきましょう。

また、何か変化が起こっていないか様子を見てあげるのが良いですよ。

 

次は、子供用にピッタリなししゃもレシピを紹介していきます!

 

スポンサーリンク

ししゃもの子供用のレシピのオススメ!

子供用のししゃもレシピをチェックしていきましょう。

 

  • 唐揚げ
  • 南蛮漬け
  • ガーリックレモン焼き

魚嫌いな子供でもパクパク食べちゃう人気のレシピです。

 

唐揚げ

子供も大人も大好きな唐揚げにすることで、美味しく食べられます。

通常の鶏の唐揚げと同じように作ることができるので、ししゃもと鶏の2種類同時に作る事も出来ますよ。

魚が嫌いな子供にも、大人のおつまみにもピッタリです。

マヨ醤油やカレー味、レモンを絞るなどアレンジもたくさんあります。

 

南蛮漬け

ししゃもの他に、たくさんの野菜が入っているのでたくさんの栄養が取れて良いですよ。

酢、醤油、砂糖、みりんなどを煮立たせ、片栗粉をまぶして揚げたししゃもを絡ませ出来上がりです。

たくさんの野菜で彩りも良いので、お弁当にもピッタリです。

さっぱりと食べられるので、食欲が低下しがちな暑い夏にも良いですよ。

 

ガーリックレモン焼き

ガーリックの香りで食欲もそそります。

ししゃもを焼いて、炒めたにんにくと合わせたら出来上がりです。

暑くてばててしまう夏でもさっぱりと食べられ、にんにくの力でスタミナも付きますよ。

また、おつまみにもパクパク食べられます。

 

まとめ

1歳~1歳半ごろから身だけなら食べられますが、小骨などさまざま事に注意する必要があります。

また、丸ごと食べるのは3歳ごろからが良いとされています。

 

塩抜きしても完全に抜けるわけではないので、離乳食で与えるのは控え完了してからの方が望ましいです。

歯が生え揃う3歳くらいから、少しずつあげていき1日に食べる量は2~3本にしましょう。

 

注意点は、塩分が多い事やアレルギーになりやすい事、小骨や量もあります。

また万が一の事も考えて、病院にすぐ行くことができるタイミングで食べるのが良いです。

魚嫌いな子供でもパクパク食べちゃう人気のレシピには、みんな大好きな唐揚げや南蛮漬け、ガーリックバター焼きなどがあります。