雑学

ひまわりを庭に植えてはいけないといわれる理由は?風水も迷信ってホント?

スポンサーリンク

ひまわりを庭に植えてはいけないというのは根拠のない迷信です。

さらに、ひまわりを庭に植えること実は風水的にはとても縁起の良いことなんですよ。

 

「じゃあ庭や敷地内に植えてはいけない植物って?」と気になる方もいるのではないでしょうか。

 

そこでこの記事では、ひまわりを庭に植えてはいけないと言われている理由と、庭に植えたときのメリット、敷地内に植えてはいけない植物などを詳しく紹介します。

 

スポンサーリンク

ひまわりを庭に植えてはいけないと言われる理由は?

ひまわりを庭に植えてはいけない理由は、ひまわりが「火回り」火事や家計が火の車になる事を連想させるため、と言われています。

秋田県や奈良県、徳島県などで昔から言い伝えられてきたようですが、これは迷信で根拠のない噂だと言えます。

 

私も去年、背丈が2mほどの大きいひまわりを庭に植えました。

子どもたちと成長を楽しみにしながら大切に育ててひと夏綺麗に咲いてくれましたが、家が火事になったりすることはありませんでしたよ。

 

花が大きくて夏にぴったりな色鮮やかなひまわり。

ご近所さんからもかなり評判でした!

 

スポンサーリンク

ひまわりを庭に植えるのは風水的にどうなの?

ひまわりを庭に植えるのは風水的にもとても縁起がいいことのようです。

 

ひまわりはその大きな花から、地球や大地のエネルギーをたくさん吸い取って周囲に良い気を充満させると考えられているようです。

ひまわりの黄色い色は風水ではとても縁起のいい色とされていて、周囲を明るく照らして幸運を引き寄せる色と言われています。

 

黄色のひまわりを植えるなら、西側がいいそうですよ。

風水が気になっている方は試してみてくださいね。

風水も迷信ってホント?

風水を信じるかは個人の自由です!

迷信だという人もいれば迷信ではないという人もいますし、結局は信じるか信じないかはあなた次第ということです。

 

自分の好きなものをそばに置くと少しだけハッピーになれる。

風水はそれと同じように思います。

 

風水を取り入れることによって気分が上がったりやる気がアップするなら、迷信とは言い切れないかもしれないですね。

 

スポンサーリンク

ひまわりを庭に植えるメリットも紹介!

ひまわりを庭に植えるメリットは、地力を回復させる力があることです。

 

増肥効果

栽培した植物を収穫することなくそのまま土と一緒に耕すことを緑肥と言います。

ひまわりは一年草なので、秋に咲き終わると収穫したりせずそのまま畑の土と一緒に耕します。

そうすると、ひまわりそのものが次に植える植物の肥料となり地力が回復するのです。

 

地力の回復効果

ひまわりの根は直根型といって、太い根が真下に深く伸びていく特徴があります。

太い根が土を耕してくれて酸欠のない土壌を作ってくれます。

また、地中深くまで伸びた根が養分を吸い上げて、それを土に混ぜて耕すことによって栄養たっぷりの土へと生まれ変わるのだそうです。

 

ひまわりと同じ効果がある植物

マリーゴールドやレンゲソウなども緑肥効果のある植物として知られているようですよ。

緑肥効果のある植物を庭に植えることで、増肥をしなくても同じ効果が得られるのは嬉しいですね。

 

スポンサーリンク

敷地内に植えてはいけない植物とは?

敷地内に植えてはいけない植物には繁殖力が強いものがあげられます。

ここでは主に3つを紹介します。

  • つる性植物
  • 地下茎で増える植物
  • 害虫が大量発生しやすい植物

 

つる性植物

  • ノウゼンカズラ
  • ノアサガオ
  • アイビー

上記の3つはつる性の植物の代表です。

繁殖力も強くどんどんと伸びていって家の壁を伝い、家全体を覆ってしまうこともあります。

手入れをしないと大変なことになるので、庭に植えるのはおすすめしません。

 

ノウゼンカズラについてはこちらの記事で詳しく紹介しています。

⇒ノウゼンカズラを植えてはいけない理由とは?毒性や育て方・剪定方法など解説!

 

地下茎で増える植物

  • ミント
  • ドクダミ

ミントやドクダミは地下茎で増えていく植物です。

表面だけを抜いても残っていた根ですぐにたくさんの葉っぱが生えてくる繁殖力が強い植物です。

他の植物を駆逐してしまうほど力が強く、放っておくと庭一面に生えてしまっているということになるのであまりおすすめしません。

 

地下茎で育つ植物を育てたい場合は広がらないように周りに板を埋めたり、広がらない工夫が必要のようです。

 

害虫が大量発生しやすい植物

  • サクラ

サクラは花が咲き終わると大量の毛虫が寄ってくるようです。

毒を持つ毛虫もいるので、害虫駆除が必須の植物です。

 

ここであげたものはほんの一部です。

庭に新しく植物を植えるときはよく調べてから植えるようにしたいですね。

 

まとめ

ひまわりは周りに元気を与えてくれたり、土壌にいい影響を与えてくれるなど良いこと尽くしの植物です。

大きいものから小さいものまで種類もたくさんあるので、庭のサイズに合ったひまわりを植えてぜひ成長を楽しんでみてください。

 

この記事の関連記事はこちら

⇒シソを植えてはいけない理由は?赤シソと青シソの違いも解説!

⇒ミョウガを植えてはいけない理由とは?植える場所や栽培方法も解説!

⇒アジュガを植えてはいけない理由とは?一緒に植えるのにおすすめなのは?